FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 文楽教室・二人三番叟/菅原伝授手習鑑 】


20081210095620


国立劇場の文楽教室に行って参りました
教室と言っても、
真面目なお勉強っぽい感じではありません。
学生にも分かり易く、
義太夫節や人形の遣い方を解説してくれました

大夫のカツゼツの良い話っぷりは想像通り
登場人物の立場・年齢・心情・衣装などによって、
同じ登場でも節や三味線が変わるのが
分かりやすかった~
意外だったのは、日頃は床で黙々と
語っている三味線で、
メールの顔文字や恋人からのが届いた喜びを
表現してくれたところ。
観る方も若返っているわけですが、
演じる方も若者に脈々と伝わっているのねぇ。

今回、初めて知ったのは
義太夫節は関西の言葉で語られていて、
メロディーライン()も
関西のイントネーションなんですって

人形の遣い方も細かい解説があったのですが、
席が後ろの方で、あんまり見えなかった~
一番良く見えたのは主遣いさんが履いている舞台下駄。
それと、左遣いさんや足遣いさんに舞台上で
首の動かし方などでサインを送って、
動かしているというのは興味深かった。
確かに言葉を交わさず、三位一体で、
ひとつの人形がひとりの登場人物になるのは
凄いとしか言いようがありませんもん


ランキング挑戦中です。ぽちっと一押しお願いします


ネタバレあり…の私的感想です
 
スポンサーサイト



[舞台 【 文楽教室・二人三番叟/菅原伝授手習鑑 】]の続きを読む
関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/12/10(水) 21:56:23
  2. 舞台
  3. 舞台 【 文楽教室・二人三番叟/菅原伝授手習鑑 】のコメント:0