FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 ムサシ ロンドン・NYバージョン 】





この日は陽射しが強い日でしたぁ
駅からトコトコ歩いて
やっと、見えてきました
彩の国 さいたま芸術劇場~

この日に観に行ったのは、【ムサシ】
2009年に故・井上ひさし先生が書き下ろした新作を
蜷川幸雄さんが演出した時代劇。
ずいぶん、話題になりました
手違いでチケットが取れなかったので、
今回は早速チケットを取りました

【ムサシ】はロンドン、NYから正式招待を受け、
新キャストを迎えて作られたのが
今回拝見するロンドン・NYバージョンです。

あらすじ

慶長十七年(一六一二)陰暦四月十三日正午。
豊前国小倉沖の舟島。
真昼の太陽が照り付けるなか、
宮本武蔵と佐々木小次郎が、
たがいにきびしく睨み合っている。
小次郎は愛刀「物干し竿」を抜き放ち、
武蔵は背に隠した木刀を深く構える。
武蔵が不意に声をあげる。
「この勝負、おぬしの負けと決まった」
約束の刻限から半日近くも待たされた小次郎の苛立ちは、
すでに頂点に達していた。

小次郎が動き、勝負は一撃で決まった。
勝ったのは武蔵。
検死役の藩医に「お手当を!」と叫び、
疾風のごとく舟島を立ち去る武蔵。
佐々木小次郎の「厳流」をとって、
後に「厳流島の決闘」と呼ばれることになる世紀の大一番は、
こうして一瞬のうちに終わり、
そして・・・・・・物語はここから始まる。 

HPより抜粋




ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



ネタバレあり…の私的辛口()感想です
 
スポンサーサイト



[舞台 【 ムサシ ロンドン・NYバージョン 】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/06/08(火) 20:11:34
  2. 舞台