FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 コクーン歌舞伎 第十一弾 佐倉義民傳 】





正保年間、
下総佐倉の領主の圧政に苦しんだ領民のために、
名主・木内宗吾が江戸へ出て
将軍に直訴した事件を扱った「佐倉義民伝」。
この作品は、歌舞伎には珍しい農民劇として
1851年の初演より
数多くの名優によって上演されてきました。
三百八十九ヶ村の総代として、
命を懸けて国そして民を守る男の
決死の生き様を描いたドラマティックな物語は、
いつの時代も見る者の心を打ち、
深い衝撃を覚えずにはいられない名作として
現在でも人気を得ています。

約160年前の初演では熱狂的な人気を得、
三ヶ月のロングランという大当たりをとったこの作品。
2010年6月、
シアターコクーンの空間でその熱気を蘇らせるべく、
串田和美、中村勘三郎らの手によって、
コクーン歌舞伎に新たな伝説が生まれます!! 


HPより抜粋



今年のコクーン歌舞伎は
例年になく地味な演目のようです
歌舞伎+ラップの融合
ハンカチ2枚は必須の涙・涙…の舞台と聞き
きっちりハンカチ2枚をバッグに入れて
コクーンへと向かいました


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



ネタバレ…ありの私的辛口()感想です
 
スポンサーサイト



[舞台 【 コクーン歌舞伎 第十一弾 佐倉義民傳 】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/06/21(月) 22:34:12
  2. 舞台