FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

落語 【 牡丹灯篭 】





牡丹灯篭と言えば、一般的には怪談という認識ですよね。
この噺は、圓朝の代表作で、明治時代に速記された
20時間にも及ぶモノです。
カランコロンという下駄の音で知られている
幽霊 お露のストーリーだけが有名になっていて
怪談としてに認識が強いけれど
実は、忠義の下僕、孝助による仇討のストーリー
本筋といえます


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



ネタバレあり…の私的辛口()感想です
 

スポンサーサイト



[落語 【 牡丹灯篭 】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/08/19(木) 23:29:11
  2. 舞台