FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 二月花形歌舞伎 ル テアトル銀座 23年2月・第一部 】


2011・02・17ルテ銀・歌舞伎1

「於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)お染の七役(ななやく)」

宝永年間(1704~1711)に、大坂で起こった
お染と久松の心中事件は世間を賑わし、
すぐに歌舞伎や人形浄瑠璃に取り上げられました。

文化十年(1813)三月、江戸森田座において、
大南北と称される四世鶴屋南北の作により初演されました。
主要人物を早替わりで演じるという趣向が受け、
大人気となった作品です。

亀治郎の伯父、市川猿之助が
平成3年、手を加え、それまで序幕では
4役しかなかった早替わりを
7役に増やし、人間関係を整理した。

その澤瀉屋(おもだかや)の芸を、亀治郎が見事に継承。
お染、その恋人の久松、久松の姉の竹川、芸者の小糸、
久松の許婚のお光、油屋後家の貞昌、
土手のお六-と身分も性別も異なる7役を
早替わりの妙技で鮮やかに行き来する。
スリリングに展開される早替りは見応えの連続です。
傘やござ等を巧みに使い、
二人の人物がポンとぶつかった途端に
入れ替わる等見事な早替りが展開されます。

また久松の生まれ、御家騒動の背景、
御家の重宝の剣の探索の話が綴られ、
南北らしい人間のおかしみや陰惨な場面が展開されます。


質店油屋の娘お染(亀治郎)と
山家屋清兵衛の縁談が進められていますが、
お染には久松(亀治郎)という言い交わした相手がいます。
しかし、久松にもお光(亀治郎)という許嫁があり、
元は武家の子息で、紛失した御家の重宝
の短刀と折紙を捜しています。
姉の竹川(亀治郎)も久松の身を案じ、
短刀の探索の金の工面を土手のお六(亀治郎)に頼みます。
お六と亭主の鬼門の喜兵衛(染五郎)は、
油屋で金を騙し取ろうとしますが、あえなく失敗します。

一方お染は、久松の子を宿しながらも、
母親の貞昌(亀治郎)の説得にあい、
ついに家を抜け出します...。


HPより抜粋


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



ネタバレあり…の私的辛口(?)感想です
 
スポンサーサイト



[舞台 【 二月花形歌舞伎 ル テアトル銀座 23年2月・第一部 】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/02/19(土) 21:22:05
  2. 舞台