FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 ろくでなし啄木 】


ろくでなし啄木

昨日、天王洲の銀河劇場
拝見したのは【ろくでなし啄木】

数回目のカーテンコールの後、
引っ込む勘太郎丈、藤原竜也くん、吹石一恵ちゃんの3人に
『ちょっと、まったぁ~』の声。
何事?と劇場内がザワつきはじめると
マイク片手に登場したのは
この作品の脚本家、三谷幸喜氏。

そこで、発表されたのは嬉しいお知らせ
『本日、2月22日午後4時過ぎ、
 勘太郎くんに長男誕生~
           なんと、3900g
こんな記念の日に観劇できたなんて、
初お目見えの日に思い出せるわぁ

まずは元気そうなお子さんで良かった
男子で、もひとつ良かったぁ
愛ちゃん、お疲れ様でした

今日の勘太郎丈は、いつもよりも、
さらに張り切っていたに違いないわねぇ


さて、恒例どおり(?)あらすじ。。。というか
よく読むと舞台の前の部分だねぇ。

才能がありながら文壇に認められず
赤貧洗うがごとくの不遇をかこつ啄木。
文学には縁もゆかりもない香具師のテツ。
仕事のかたわら親分のいいつけで借金とりを手伝うテツが、
啄木の借金をとりたてに行ったことから二人は知り合う。
何の接点もない二人はなぜか意気投合。

夜な夜ないきつけのカフェーで飲み明かすまでに。
いつしかカフェーの女給のトミも楽しい仲間に加わる。
そこには微妙な三角関係が生じるが、
妻子ある啄木がトミと結ばれ、トミに恋するテツは涙をのんだ。

ある日、例によって金に困った啄木は、
小金を貯めこんでいるらしいテツにお金を出させる一計を案じ、
トミも巻き込んでの大作戦を展開する。

しかしこの事件について言うことは三人ともばらばらで、
まさに”真実はやぶの中”。
一体その時三人には何か起きたのか?


作・演出… 三谷幸喜
出演… 藤原竜也 、 中村勘太郎 with 吹石一恵


HPより抜粋




ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



ネタバレあり…の私的辛口(?)感想です
 
スポンサーサイト



[舞台 【 ろくでなし啄木 】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/02/23(水) 23:59:20
  2. 舞台