FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 たいこどんどん 】


たいこどんどん

『天保十二年のシェイクスピア』(05年)以来、
『藪原検校』『道元の冒険』『表裏源内蛙合戦』と、
井上初期作品に新たな命を吹き込み、
エネルギッシュな舞台を
世に送り出してきた蜷川幸雄が挑む第五弾!

本作品は井上ひさしが直木賞受賞後の第一作として書いた小説
「江戸の夕立ち」をみずから劇化、75年に放った快作です。

江戸日本橋の薬種問屋の若旦那・清之助と、
忠実なたいこもち桃八が、ひょんなことから漂流して、
拾われた船に連れて行かれたのが東北・釜石。
各地を転々とする九年の珍道中がここから始まる。
二人には思いもかけないような災難が次から次へと降りかかる。
流れ流されたあげくようやく「江戸」に戻ってくると・・・。

若旦那にどんなに裏切られても
無償の奉仕を続ける幇間・桃八。
社会は激変していっても根本的なところで
「なにも変わっちゃいない」日本への静かな怒りや、
時代に不意打ちにされつづける大衆への提言。

歌や、踊り、お座敷芸など
笑いがあふれるエンタテインメントの底には、
庶民に向けられる作者の視線が
2011 年にもまた同じ強さで光り続けます。

HPより抜粋


井上ひさし×蜷川幸雄×橋之助×古田新太という
豪華なメンバーに挽かれて、チケットを取ってみました

ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
ネタバレあり…の私的辛口感想です



スポンサーサイト



[舞台 【 たいこどんどん 】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/05/29(日) 20:51:05
  2. 舞台