FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 五月花形歌舞伎@明治座 23年5月・夜の部 】


201105明治座歌舞伎幟

明治6年に歌舞伎の芝居小屋として誕生した、
明治座―――。

現在の劇場が新装開場する際には、
記念公演として二ヶ月連続で歌舞伎を上演するなど、
歌舞伎との縁深い明治座で、
十六年振りの歌舞伎公演となります!!

「五月花形歌舞伎」と銘打つ本公演は、
昼夜いずれも彩り溢れる公演プログラムで
お楽しみいただきます。

昼の部には、三大名作のひとつ
『義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)』より、
両親に等しい初音の鼓を慕う仔狐の姿に
人間の親子の情愛を重ねて描きだした名場面を、
早替り・宙乗りなどケレン味溢れる演出でお楽しみいただく
『川連法眼館(かわつらほうげんやかた)』、
儚く世を去った男女が蝶の姿となって舞い踊る
『蝶の道行(ちょうのみちゆき)』、
『恋飛脚大和往来(こいびきゃくやまとおうらい)』より、
大坂の飛脚問屋の養子忠兵衛と恋仲の遊女梅川が
悲恋へと追い込まれていく上方和事の名作
『封印切(ふういんきり)』を上演。


夜の部には、牡丹燈籠を手に現れる女の幽霊、
そして人間の業の恐ろしさを描いた
三遊亭円朝の怪談噺を元にした
『怪談牡丹燈籠(かいだんぼたんどうろう)』、
下駄のタップという趣向が楽しい
軽妙洒脱な踊りの『高坏(たかつき)』を上演いたします。

昼夜いずれも歌舞伎の人気狂言が並ぶ
「五月花形歌舞伎」を、明治座の空間でどうぞご堪能下さい!

HPより抜粋


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
私的辛口(?)感想です…

スポンサーサイト



[舞台 【 五月花形歌舞伎@明治座 23年5月・夜の部 】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/05/30(月) 19:33:34
  2. 舞台