FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 奇ッ怪 其ノ弐 】


2011.09.01奇っ怪 其ノ弐

今日はヨガの後、お仕事でした。
そんな日の話題は、今月はじめに
千秋楽の舞台を拝見した【奇ッ怪】

劇場で演劇関係者をお見かけすることは多いのですが、
この日ほど、たくさんの大物が集まるのも珍しいかなぁ
なるほど、素晴らしい舞台でございました

2010年の紀伊国屋・読売の両演劇賞を受賞し、
今最も期待される演劇人として波に乗る前川知大が、
11年も世田谷パブリックシアターのために
新作を書きおろします。

09年シアタートラムで上演された
『奇ッ怪~小泉八雲から聞いた話』では、
小泉八雲の「怪談」から短編を5編選び、
「語り物」の手法を取り入れて、1人が物語を語り出すと、
たちまちに登場人物がその物語と
現実とを自由に行き来しながら、
不思議な話を軽妙に表現し「ちょっと恐い」が
「笑わずにはいられない」作品を創り出しました。

2011年に手がける今回の新作は、
この『奇ッ怪』の手法を使った新作です。
モチーフを小泉八雲から「狂言」と「能」に変え、
狂言にあるように市井の人々の滑稽さを楽しみながら、
能楽の特徴である、空間と時間を自在に超えて、
「情念」と「呪い」の先にある魂の存在を描きます。

古典と現代の時空を自在に行き来し、
夏祭りの夜の怪談とでもいうような
現実と夢幻が交錯する世界を、
前川ならではの不可思議な感覚で描き出します。

HPより抜粋



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
ネタバレあり…の私的辛口感想です



スポンサーサイト



[舞台 【 奇ッ怪 其ノ弐 】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/15(木) 22:34:41
  2. 舞台