FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 狂言劇場 その七 】


狂言劇場その7

舞台芸術(パフォーミングアーツ)としての狂言

現代に息づく舞台芸術として、
狂言のさらなる可能性を問う『狂言劇場』の第7弾は、
12月に世田谷パブリックシアターで上演します。
狂言の根幹を成す “舞” と “語リ”。

舞を中心に選曲したAプログラムでは小舞と狂言の代表作『棒縛』、
そして萬斎がかねてより上演構想を練り続けた
「ボレロ」を新たに創作し、独舞を披露します。

Bプログラムではユーモアあふれる『柑子』、
そして万作が語リの芸では最高峰の一つ『奈須与市語』を披露します。
『悟浄出世』では狂言師・佐藤友彦、野村又三郎
そして尺八奏者・藤原道山、作調・小鼓に田中傳次郎、を迎え、
“私とは何か”という中島敦の問いかけを朗々と語リ響かせ、
私たちの心に迫ります。
日本の舞台芸術の「古典―近代―現代」を繋ぎ、
狂言の発想と技法が結晶する『狂言劇場その七』にどうぞご注目ください。

HPより抜粋


ボレロの舞も非常に心惹かれたのですが…今回はBプロを拝見
この舞台を拝見する前に入ったレストランで
食事の後、デザートを追加しようとしたら、
『 セット価格ではなくて、単品の価格になります 』と
言われて、追加オーダーを止めた小っこいワタシが
この後、人生を考えることになるとは…


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


ネタバレあり(?)…の私的感想です

スポンサーサイト



[舞台 【 狂言劇場 その七 】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/09(金) 20:55:17
  2. 舞台