FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 勘九郎襲名 披露・23年2月夜の部@新橋演舞場】


2012.02.23六代目勘九郎襲名

先月末から体調を崩し、ケータイゲームにはまり
BLOGのサーバーの調子も悪く
舞台感想のエントリーが溜まっております

短くサクっっと書いて参りまする
まずは、先月拝見した六代目・勘九郎襲名公演から


一、御存 鈴ヶ森(すずがもり)
 東海道品川宿の近く鈴ヶ森。
夜は盗賊と化した雲助が多数出没しています。
ここへ通りかかったのは、はかなげな美少年白井権八。
暗闇から大勢の雲助が現れ襲いかかりますが、
権八は、見事な刀さばきで次々と斬り倒していきます。
その様子を窺っていた花川戸の侠客幡随院長兵衛(※)は、
権八に感心し、その腕に惚れ込んで、権八を匿うことを申し出ます。
二人は江戸での再会を約束して別れるのでした。

 小道具を巧みに用いた立廻りに数々の名セリフなど、
歌舞伎の楽しさが凝縮された一幕。
男と男の運命的な出逢いを描いた鶴屋南北の作品をお贈り致します。
※「侠」は正しくは「人偏+夾」


二、六代目中村勘九郎襲名披露 口上(こうじょう)
 勘九郎は、新勘九郎の父である当代勘三郎が五代目として
長年、数々の舞台を重ねてきた名跡です。
この度、息子の勘太郎が六代目勘九郎として、
その名を引き継ぐこととなります。
新勘九郎の誕生を祝い、幹部俳優が顔を揃え、
襲名披露のご挨拶を申し上げます。



三、新歌舞伎十八番の内 春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)
 江戸城の大奥。初春吉例のお鏡曳きが執り行われ、
将軍の御前で踊りを所望された小姓弥生は、
恥じらいながらも、袱紗や扇子を使って可憐に舞います。
やがて弥生が祭壇に祀られた獅子頭を手にして踊り始めると、
突然、獅子の精が弥生に乗り移り、何処へともなく駆け去ります。
まもなく獅子が現れ、牡丹の花や胡蝶に戯れて獅子の狂いをみせるのでした。
 六代目菊五郎、祖父十七代目勘三郎へと受け継がれ、
父勘三郎も幾度となく勤め、
多くの人々に愛されてきた歌舞伎舞踊の大曲に挑戦する
新勘九郎にご期待下さい。



四、ぢいさんばあさん
 江戸城の警護にあたる美濃部伊織と、妻るんは、
人も羨むおしどり夫婦。
しかし、伊織が怪我を負ったるんの弟の宮重久右衛門に代わり、
京でのお役目を命じられ、離ればなれに。
三か月後、泥酔して絡んできた同輩の下嶋甚右衛門を
誤って斬ってしまった伊織は、越前へ預かりの身となり、
それを知ったるんは、筑前へ奥女中奉公に出ます。
それから三十七年後、再会した二人は...。
 森鷗外の短編を宇野信夫が巧みに脚色した新歌舞伎。
人生の変転と人の変らぬ愛が描かれた心温まる作品をお楽しみ下さい。

HPより抜粋



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


私的感想です…



スポンサーサイト



[舞台 【 勘九郎襲名 披露・23年2月夜の部@新橋演舞場】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/23(金) 11:11:56
  2. 舞台