FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 サド侯爵夫人 】


サド侯爵夫人

詩情あふれる美文が精密を極めた
三島由紀夫戯曲の最高峰『サド侯爵夫人』。
1965年の初演では、その衝撃的な内容から“事件”となりました。
以来、国内のみならず海外でも高い支持を受け、
上演されるごとに話題を呼んでいます。

比類なき優雅な言葉で飾り立てながらも烈しく交錯し、
衝突する女性6人には存在感が際立つ女優が揃いました。
ルネ役に蒼井優、アンヌ役に美波、
シミアーヌ男爵夫人役に神野三鈴、シャルロット役に町田マリー、
そしてサン・フォン伯爵夫人役に麻実れい、
モントルイユ夫人役に白石加代子を迎えます。

演出は、かねてより三島由紀夫の秀麗な文体に魅せられ、
注目を続けていた野村萬斎。
600年の歴史を持つ能・狂言の体現者・伝承者として、
日本語の響きの美しさを知る彼が
“言葉による緊縛”に主眼を置いた演出に挑みます。

HPより抜粋




ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


ネタバレあり…の私的感想です




スポンサーサイト



[舞台 【 サド侯爵夫人 】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/04/06(金) 20:07:07
  2. 舞台