FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 ジキルとハイド 】


2012.03.27ジキルハイド

昨日感想をエントリーした平成中村座ですが、
今日の【ごきげんよう】は平成中村座からの出張サイコロでした
でも、襲名公演を終えたばかりの勘九郎くんは体調不良でお休み
3月公演の千秋楽の翌日の収録だったみたいなんだけど
実は楽日も最悪の体調だったようですよ
襲名の二ヶ月公演の前からプレッシャー続きでしたからねぇ
来月は久し振りに、平成中村座での通し狂言だし、
そんなに長くは休めないだろうなぁ
どうぞお大事に

2001年11月、2003年1月、2005年12月、2007年4月と
鹿賀丈史主演による過去四度の公演で
日本ミュージカル界に新たな伝説を刻んだ
傑作ブロードウェイ・ミュージカル「ジキル&ハイド」。

2012年3月、日生劇場で、
新たなジキル役にミュージカル界のプリンス石丸幹二を迎え、
ニュー・プロダクションとして生まれ変わります!

人間の深淵に潜む闇を描いた
R・L・スティーブンソンの余りにも有名な原作「ジキル博士とハイド氏」を、
「ビクター/ビクトリア」で有名な作詞家L.ブリカッス氏の作詞と
フランク・ワイルドホーンの荘大かつ流麗な音楽により、
余すところなくミュージカル化した
伝説の大ヒット作品『ジキル&ハイド』がキャストを一新して新たに蘇る。

医師として理想を追求するも、分裂する人格を制御しきれず、
愛と欲望の挟間で深く苛まれるという難役に挑む石丸幹二、
複雑な思いを胸にハイド氏の凶暴な人格に
心惹かれる妖艶な娼婦ルーシー役を演じる濱田めぐみ、
ジキル氏の婚約者であり一途に彼を愛する
可憐な姿が切ないエマ役には笹本玲奈と、
日本ミュージカル界で屈指の歌唱力を誇る3人の夢の競演が実現、
これはまさに「事件」だ!

HPより抜粋
スポンサーサイト



[舞台 【 ジキルとハイド 】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/04/09(月) 23:06:07
  2. 舞台