FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 仮名手本忠臣蔵・23年4月大歌舞伎・夜の部@新橋演舞場】


仮名手本忠臣蔵 花形歌舞伎2

五段目
 猟師となった勘平は、山崎街道で塩冶浪人千崎弥五郎と出会い、
仇討ちに加わるための資金調達を約束します。
一方、おかるの父与市兵衛は、おかるの身売りでその資金を用立て、
前金五十両を懐に家路を急ぎますが、
山賊となった塩冶浪人斧定九郎に斬り殺され、
金も奪われてしまいます。
その定九郎も、勘平が猪を狙って放った鉄砲であえなく絶命。
自分が人を撃ったことを知り慌てる勘平ですが、
懐の金に気付くと、それを手に逃げ去っていくのでした。


六段目
 おかるを引き取りに来た一文字屋お才と判人源六の話から、
勘平は自分が与市兵衛を殺したと早合点。
おかるの母おかやと、来訪した千崎や不破数右衛門に問い詰められ、
切腹して自らの思いを吐露します。
それを聞いた千崎が亡骸を改めると事の次第が判明し、
疑いの晴れた勘平は仇討ちの連判状に血判を押すと、息絶えるのでした。


七段目
 祇園の一力茶屋で遊興に耽る由良之助のもとへ、
大星力弥が顔世御前からの密書を届けに来ます。
由良之助が読むその書状を、遊女となったおかるは二階から、
師直に内通する斧九太夫は床下から盗み読み。
それに気付いた由良之助は、おかるを身請けすると言って去ります。
その身請けは偽りで、
実はおかるを殺す心積もりだと悟ったおかるの兄寺岡平右衛門は、
自ら妹を手に掛けようとし、おかるも従おうとします。
そこへ現れた由良之助がふたりを止め、
勘平の代わりにおかるに九太夫を討たせると、
平右衛門を仇討ちの連判に加えるのでした。


十一段目
 由良之助に率いられた浪士たちが師直の屋敷に討入り、
師直の家臣小林平八郎らと激闘を繰り広げた末、
ついに師直を討ち取ります。


201204花形歌舞伎 スタンプ

ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


私的辛口(?)感想です…

スポンサーサイト



[舞台 【 仮名手本忠臣蔵・23年4月大歌舞伎・夜の部@新橋演舞場】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/05/15(火) 23:27:49
  2. 舞台