FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 五月花形歌舞伎・新橋演舞場・夜の部 】


2012.05.24 椿説弓張月

通し狂言 椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)

曲亭馬琴の原作に、三島由紀夫が構想を得て書き下ろし、
自ら演出した渾身の長編大作。
忠誠を貫く英雄、源為朝の活躍を、
歌舞伎のあらゆる技巧を凝らし壮大に描いています。
「上の巻」では時代物の重厚さ、
「中の巻」では歌舞伎ならではの
       嗜虐美と舞台一面大海原での大スペクタクル、
「下の巻」では涙を誘う世話場とそれに続く大団円、
と見どころも満載。
染五郎の祖父松本白鸚が初演した、
「三島歌舞伎」の最高峰とも言われる傑作を
たっぷりとご堪能下さい。

「上の巻」
崇徳上皇への忠誠を抱く源為朝は、保元の乱に敗れ、
伊豆国大嶋に配流されますが、
家臣の紀平治太夫や高間太郎、
その妻磯萩らとともに島民をまとめ、
再挙の時を窺っています。
そこへ来襲した平家軍を見事撃退したものの、
妻簓江を失い失意の為朝は、
紀平治太夫と共に小舟で西へ向かうのでした。

「中の巻」
讃岐で現れた上皇の霊のお告げに従い、
九州肥後へ向かった為朝は、妻白縫姫と息子舜天丸と再会。
一行は平家討伐のため船出しますが、
大海原で暴風に見舞われ、
高間夫婦ら大勢が悲壮な最期を遂げ、
白縫姫は海神の怒りを鎮めるため
自ら身を投げるのでした。
危機に瀕した為朝は、
上皇の霊が遣わした烏天狗に助けられ、
紀平治太夫と舜天丸は黒蝶に変じた
白縫姫の助けで怪魚の背に乗り、
それぞれ琉球に漂着します。

「下の巻」
琉球国では巫女阿公らが、
寧王女の正統な王位継承を妨げています。
寧王女と忠臣陶松寿らの危難を救った為朝は琉球国再興を誓い、
ついに阿公は滅ぼされます。
平和を取り戻した琉球の島民は、
新国王に為朝を推しますが、為朝はこれを固辞。
その座を舜天丸に譲ります。
そして、為朝は一同が引き留める中、
故国日本を目指して天馬で天駆けて行くのでした。

HPより抜粋


本日は5月24日のメモを元に書きます。
忘れているところもあると思いますが、大きな心でご容赦を


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


私的感想です…



スポンサーサイト



[舞台 【 五月花形歌舞伎・新橋演舞場・夜の部 】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/10/06(土) 22:04:07
  2. 舞台