FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 六月大歌舞伎・新橋演舞場・昼の部 】


2012.06.23猿之助襲名披露公演

一、小栗栖の長兵衛(おぐるすのちょうべえ)

小栗栖村の長兵衛は、博打や酒、
喧嘩に明け暮れて、村人には嫌われ、
父親にまで見放される乱暴者。
今日も馬を盗んだ疑いをかけられ、怒って暴れ廻ったため、
村人たちに簀(す)巻きにされてしまいます。
しかし、村に現れた秀吉の家臣堀尾茂助の尋ねによって、
長兵衛が謀反の大将明智光秀を竹槍で討った手柄者だと分かると、
皆の態度は一変。長兵衛を村の英雄だと褒め称えます。
長兵衛は英雄の証である竹槍を手に、
秀吉の陣のある京へと向かうのでした。

山崎の合戦の後、
明智光秀が農夫に襲われ命を落とした史実を背景として、
岡本綺堂が浅薄な人間の姿や大衆心理に
風刺を込めて描いた新歌舞伎の名作です。
大正九年に初代市川猿翁(当時猿之助)が
初演して以来の澤瀉屋の芸に、中車が挑みます。


二、口上

古典から新作まで幅広い活躍を見せた初代市川猿翁と
三代目市川段四郎。
その五十回忌を機に、二代目猿翁、四代目猿之助、
九代目中車、そして五代目團子が誕生致します。
偉大な先人を偲び、
また澤瀉屋の新たな門出となるご挨拶を申し上げます。



三、三代猿之助 四十八撰の内 義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
  川連法眼館の場
  市川猿之助宙乗り狐六法相勤め申し候

川連法眼に匿われている源義経のもとへやってきた佐藤忠信に、
義経が伏見で託した静御前のことを訊ねますが、
忠信は覚えがない様子。
義経が不審に思うところ、静御前と忠信の参上が告げられます。
ひとり現れた静御前は、自分の供をしていた忠信と、
目の前の忠信の様子が違うと言い、
義経は静御前にもうひとりの忠信の詮議を命じます。
初音の鼓を打つと姿を現した忠信に、静御前が斬りかかると...。

「川連法眼館の場」は、義太夫狂言の三大名作のひとつ
『義経千本桜』の四段目の切にあたることから、
通称「四の切」と呼ばれています。
初音の鼓を慕う仔狐の姿に、
人間の親子の情愛を重ねて描き出した名場面を、
猿之助が澤瀉屋型ならではの数々の仕掛けや早替り、
宙乗り、狐六法などケレン味溢れる演出でご覧に入れます。


HPより抜粋

話題になった襲名公演です。
今更でございますが、6月下旬に拝見した舞台の感想を
当日のメモを元にうろ覚えで書かせていただきます


2012.06.23 6月大歌舞伎


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


私的感想です…



スポンサーサイト



[舞台 【 六月大歌舞伎・新橋演舞場・昼の部 】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/11/02(金) 22:57:03
  2. 舞台