FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 天日坊 】




とどまることなく進化を続けるシアターコクーンの看板公演、
コクーン歌舞伎。
その第十三弾として2012年、2月に六代目を襲名した
新・中村勘九郎がタイトルロールを勤める
「天日坊」を上演いたします。

原作は嘉永七年(1854年)に
河竹黙阿弥によって書かれた「五十三次天日坊」。
なんと慶應三年(1867年)以来、実に145年ぶり!の 
上演となる本作を、もうひとりの“カンクロウ”、
人気脚本家・演出家・俳優である
宮藤官九郎が新たに脚本化します。

ふとしたきっかけから将軍頼朝の落胤になりすまし
鎌倉を目指す法策(後に天日坊)。
旅の途中で盗賊地雷太郎とその妻お六と出会い、
思いもよらぬ自分の運命を知る。
思い描いた未来が夢なのか、この現実が夢なのか・・・。

演出・美術は串田和美。
法策が野心を抱くその瞬間を
「その刹那、法策の身体の中に未知なる戦慄が走る。
 それは全くの異物が別世界から
 唐突に突き刺さってきたような感覚」
とイメージを広げます。

中村勘九郎、中村七之助、そして中村獅童といった
これからの歌舞伎界の核となる俳優たちに、
実力派市村萬次郎、片岡亀蔵、
フレッシュな坂東巳之助、坂東新悟らが名を連ねます。
さらに今回は白井晃、真那胡敬二、近藤公園といった
シアターコクーンの現代劇ではおなじみの個性派俳優陣が
コクーン歌舞伎に初参加いたします。 

コクーン歌舞伎のさらなる進化にぜひご期待ください!

HPより抜粋


こちらも7月上旬に拝見した舞台です。
思い出しつつ、当日メモを参考にエントリー



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


私的辛口(?)感想です。…



スポンサーサイト



[舞台 【 天日坊 】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/11/17(土) 20:26:55
  2. 舞台