FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 其礼也心中 】


2012.08.17其礼也心中

2012年の三谷幸喜は文楽に挑みます。
新作のタイトルは『其礼成心中』
舞台は元禄十六年。
大坂では近松門左衛門が
実際の心中事件を元に書いた『曽根崎心中』が大ヒット。
その舞台となった天神の森は悲恋の末に
心中を遂げようとする男女の心中のメッカとなっていた。
その森の入り口にある饅頭屋の夫婦と
心中にやってくる男女の物語を三谷幸喜が書き下ろします。

三谷幸喜が描く『曾根崎心中』の裏版『其礼成心中』は
笑いと涙に溢れた人情物語となるに違いありません。

PARCO歌舞伎『決闘!高田馬場』で
歌舞伎に挑戦した三谷幸喜がいよいよ文楽に挑戦!
「ワインをデキャンティングして美酒にするように
僕があらたな器になります」と自ら宣言、
三谷幸喜が創りだす三谷文楽『其礼成心中』、
どうぞご期待下さい!


こちらは8月中旬に拝見した舞台でございます。
当日のメモとうろ覚えの記憶にて
感想を書かせていただきます


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


私的感想です…



スポンサーサイト



[舞台 【 其礼也心中 】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/12/03(月) 23:07:03
  2. 舞台