FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 芸術祭十月大歌舞伎・夜の部 】 平成24年10月 @新橋演舞場





昨年中に書き終えることの出来なかった観劇の感想です。
今年も、当日のメモをもとに書いて参ります

こちらは、10月下旬に拝見した舞台です
七世 松本幸四郎 追遠ということで
勧進帳は幸四郎丈と團十郎丈の
〈弁慶〉と〈富樫〉昼夜役替りの競演です
染五郎丈、休演の舞台でございました。


勧進帳(かんじんちょう)

都を落ち行く源義経一行。
義経は強力(ごうりき)に、
弁慶らは山伏に姿を変えて奥州を目指しますが、
安宅の関で富樫左衛門の詮議を受けます。
富樫は一行を義経主従だと見破りながらも、
主君を守る弁慶の命懸けの振る舞いに心打たれ、
関所の通行を許すのでした。

富樫が弁慶を問い質す「山伏問答」や
弁慶の「延年の舞」など見どころが多く、
「歌舞伎十八番」の中でも屈指の人気演目。
数々の見得、飛び六法の引っ込みなど
荒事の要素を見せる弁慶と、
相対する富樫の二役を、
昼夜役替りにてお楽しみいただきます。



御所五郎蔵(ごしょのごろぞう)

男伊達の意気地と女の情がすれ違う、その結末は...

浅間家の忠臣だった御所五郎蔵は、
星影土右衛門に腰元皐月との不義を密告され、
今は侠客の身。

その土右衛門と鉢合わせして一触即発となりますが、
これを甲屋与五郎が収めます。
旧主のため金策に奔走する五郎蔵を思い、
皐月は土右衛門の意に従って、
五郎蔵に愛想づかしをします。
皐月の真意を知らない五郎蔵は逆上し...。

河竹黙阿弥ならではの名台詞と
江戸の風情溢れる絢爛の舞台。

当月は久々に「五郎蔵内腹切」まで上演し、
真相を知った五郎蔵のその後をご覧いただきます。

HPより抜粋


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


私的(辛口?)感想です…



スポンサーサイト



[舞台 【 芸術祭十月大歌舞伎・夜の部 】 平成24年10月 @新橋演舞場]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/01/04(金) 21:10:05
  2. 舞台