FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 頭痛肩こり樋口一葉 @紀伊国屋サザンシアター・8月】

頭痛肩凝り樋口一葉 本

いよいよ、観劇日記も8月観劇分まで追いつき(?)ました
この舞台は、以前から拝見したかった舞台でした
かなり、ワクワクして行ったように記憶しております。
本日も当日メモを頼りに書かせていただきます

■ストーリー

明治の半ば、樋口の家は貧しかった。
父や兄に先立たれ、仕方なく樋口家の戸主となった
樋口家の長女・夏子(樋口一葉)は、母・多喜の期待や
妹・邦子の優しさに応えようと、孤立奮闘する日々を送る。

和歌で自活できないことを知り、小説で身をたてる以外に道はない
と悟った夏子はただひたすら筆を走らせる。
「ただ筆を走らせるためだけに身体をこの世におく」
とそう心に決めた時、夏子の前に現れたのは、
彷徨える幽霊の花螢だった・・・。
夏子と花螢のユーモラスな交友、
そしてたくましく生きる明治の女性たちの姿を
主軸に描かれる井上ひさし版樋口一葉像。

二十二の短編と四十数冊に及ぶ日記と
四千首をこえる和歌の詠草を残し、
二十四歳六ヶ月で夭折した明治の天才女流作家・樋口一葉と、
様々な境遇を背負った五人の女性が織りなす、
切なくて、楽しい幽界(あのよ)と明界(このよ)にまたがる物語・・・。

栗山民也の新演出で今、甦る。
一葉十九歳から、死後二年までの盆の十六日に焦点をあて、
井上ひさしがこまつ座旗揚げ公演で書き下ろした樋口一葉の評伝劇が、
こまつ座第100回記念公演で待望の上演。




ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


私的辛口(?)感想です…




スポンサーサイト



[舞台 【 頭痛肩こり樋口一葉 @紀伊国屋サザンシアター・8月】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/14(月) 22:33:33
  2. 舞台