FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 怪誕 身毒丸 】 25年12月・吽形 @下北沢駅前劇場



昨年12月に下北沢の駅前にある
小さな劇場で拝見した舞台です
阿形と吽形というダブルキャストでの公演でした。
ワタシは加納幸和さんを拝見したかったので、
吽形の千秋楽を拝見しました

当日に配られたチラシには
先日、亡くなられた水下きよしさんの休演のお知らせが
書かれていました
あの特徴のあるお声がもう聴けないのかと思うと寂しいです
今はただ…ご冥福をお祈りいたします。


あらすじ/

インドの地、天上界に住む神々の最高位、シヴァ神の突然の死によって
次代の輪天聖王に、未亡人となったカーリー(黒色の女神)の実子、
インドラ(帝釈天)が選ばれる。
シヴァの第一子ではあるが、
人間の卑しい血をひく半神半人のシッダルタ(釈迦)に比べ、
第二子にして血統正しきインドラが王位に就くのは当然のことと
司法神ヴァルナ(水天)等、神々に異存はない。
しかし、インドラは病のため面相が崩れ、失明寸前。
しかも、なんと実母カーリーに求愛される。
だが、これには深いわけが隠されていた…。

なにも知らないインドラは嫁女ヤマ(閻魔天)と天上界を脱出する。
二人を追うカーリー、さらにそれを追うシッダルタ。
ついに四人はカーリーの里親、
爺ブラフマー(梵天)、婆サラスヴァティー(弁財天)の住まいで鉢合わせ。
そしてカーリーの企てが明かされる──。

チラシより抜粋






ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


ネタバレあり…の私的感想です



スポンサーサイト



[舞台 【 怪誕 身毒丸 】 25年12月・吽形 @下北沢駅前劇場]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/04/17(木) 19:58:25
  2. 舞台