FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 知られざる忠臣蔵 】



忠臣蔵好きのワタクシ。
毎年と言っていいほど、12月には忠臣蔵を拝見しておりますが、
今年も国立劇場で忠臣蔵・外伝を拝見しました
歌舞伎座のような派手さはないもの、
渋くて良い舞台でございました

赤穂浪士の討入りを描く【忠臣蔵】の世界には、
代表作【仮名手本忠臣蔵】を始め
数多くの作品あり、無尽蔵の面白さにあふれています。
今回は、そんな【忠臣蔵】の世界から
<知られざる忠臣蔵>と銘打ち、上演の機械の少ない名作を
選りすぐってお送りします。
年の瀬を締めくくるにふさわしい珠玉の舞台
師走の一時を、国立劇場の【忠臣蔵】で、
心ゆくまでお楽しみ下さい。 


成澤昌茂=作
織田紘二=演出
主税と右衛門七(ちからとえもしち) 一幕三場
       ―討入前夜―
         中嶋八郎=美術
中嶋正留=美術
       
   第一場  大野屋呉服店の離れ座敷   
   第二場  大野屋母屋の一座敷
   第三場  元の離れ座敷
   

奈河七五三助=作
松貫四=監修
いろは仮名四十七訓(いろはがなしじゅうしちもじ)
秀山十種の内 弥作の鎌腹(やさくのかまばら) 一幕三場
          国立劇場美術係=美術       
       
   第一場  百姓弥作住居の場   
   第二場  柴田七太夫邸の場
   第三場  元の弥作住居の場

河竹黙阿弥没後百二十年
河竹黙阿弥=作
国立劇場文芸研究会=補綴
忠臣蔵形容画合(ちゅうしんぐらすがたのえあわせ)
       ―忠臣蔵七段返し―          竹本連中・清元連中・長唄連中 
        藤間勘祖=振付                      
        藤間勘十郎=振付
        国立劇場美術係=美術
       
   大  序  鶴ヶ岡八幡宮社頭の場   
   二段目  桃井若狭之助館の場
   三段目  足利館門外の場
   四段目  扇ヶ谷塩冶判官館の場   
   五段目  山崎街道の場
   六段目  与市兵衛内の場
   七段目  祇園一力茶屋の場  

チラシより抜粋




ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


私的辛口(?)感想です
 
   

スポンサーサイト



[舞台 【 知られざる忠臣蔵 】]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/04/20(日) 21:32:52
  2. 舞台