FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 地球ゴージャスVol.13 クザリアーナの翼 】 2014年2月@赤坂ACTシアター

moblog_0c66b0ea.jpg

今年2月に拝見した舞台です。
近々、DVDが発売されるようですねぇ
当日のメモをたよりに、思い出しながら書かせていただきます。
思い違いなどありましたら、ご容赦下さいませ

【STORY】

「僕の夢は、大きくなったら…」
「何たら事言うだ!
 夢なんぞ持ったら身体にある全ての穴から
 夢食い虫さ入り込んで、頭の中まで食いつくされっど!」

第一種王族民、第二種軍国民、第三種平国民、第四(死)種デッシュ民の
4つの階級にわけられたジャメーリア国で、
夢を持たない少年ガンクツ【風間】はデッシュ(DEATH)民と呼ばれる
最下層で生まれ、奴隷として死ぬ定めの少年だった。

ジャメーリア国の全ての実権を握る絶対君主に君臨するのは、
唯一の第一種民族、
冷酷かつ強大な力を持つ大帝QUASAR(クエーサー)【中村】。

事実上ジャメーリアを支える第二種軍国民のスワン元帥だけが
QUASARに近づける唯一の存在である。
そのスワンすら近づくことが許されない皇帝の秘密部屋があった。
夜な夜なそこに、吸い込まれて行くQUASAR…

ある日、デッシュ民族でありながら
気品に溢れルビーの瞳を持つジャメーリア随一の美女イグレット【佐藤】が
第二種軍国民に拐われた。
ガンクツと妹グース【湖月】、仲間のおじさんキジー【寺脇】ウグイ【岸谷】と
少年のような少女コルリ【宮澤】の5人はイグレットを助け出すため、
ジャメーリア軍国民本部に潜入する。
そこに舞い現れた圧倒的存在感の元帥スワンは
何とガンクツの妹、グースと瓜二つであった。

拐ってきたイグレットを元帥スワン【湖月=2役】は
何故かドレスを着せ美しく着飾った。
スワンの瞳の奥に光る歪み…怯えるイグレットの歌が軍国民本部に響き渡る。
その一部始終を冷静に見つめている男。
全ての兵士に恐れられ、彼の一挙手一投足に国民が脅えた。
「ザラッとした皮膚を持つ男」ギゼル大佐【山本】。
四年に一度の満月の夜、
国の威信をかけた祝祭が始まろうとする中起きた一つの事件。
それはジャメーリアを揺るがす宿命の蜂起の始まりだった――。

孤独な皇帝QUASARと夢を禁じられたデッシュの民。
決して交わる事が許されなかった者たちが交錯し対峙する時、
夢が現実となりうねりをあげて舞い上がる。

動乱の中、うまれる小さな愛、凶器の愛、儚く散っていく愛。
さまざまな愛のかたちを孕みながら、
未来の為に命をかけて信念を貫く人間達をえがく、
壮大なヒューマンストーリー。

HPより抜粋




ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


私的辛口(?)感想です

スポンサーサイト



[舞台 【 地球ゴージャスVol.13 クザリアーナの翼 】 2014年2月@赤坂ACTシアター]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/10(月) 21:03:04
  2. 舞台