FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 菅原伝授手習鑑-車引- 處女翫浮名横櫛-切られお富- 】@国立劇場26年3月



菅原伝授手習鑑     - 車   引 -     
(すがわらでんじゅてならいかがみ)  

【 菅原伝授手習鑑 】は、延享3年(1746)8月に人形浄瑠璃で初演され、
翌月に歌舞伎に移された義太夫狂言の名作です。
今回上演する 【 車引 】 では、権力を振るう藤原時平の舎人・松王丸に対して、
時平の讒言で流罪となった菅丞相(菅原道真)の舎人・梅王丸と
天皇の弟である斎世親王の舎人・桜丸
ー敵味方に分かれた三つ子の兄弟の争いを描きます。
歌舞伎では、三兄弟のキャラクターの違いを表現する隈取り、
様々な見得や飛び六方など荒事の演出が取り入れられ、
歌舞伎の様式美を堪能することができます。
新鮮な配役による舞台をご期待ください。


處女翫浮名横櫛   - 切られお富 -       
(むすめごのみうきなのよこぐし) 

【 切られ与三 】 として有名な 【 与話情浮名横櫛 】 の
主役を女性に書き替えたのが、この作品です。
作者は河竹黙阿弥で、元治元年(1864)に初演されました。
主役のお富は、<悪婆>といわれる
悪事を働く女性の魅力にあふれたキャラクターです。
祖父三代目時蔵、父四代目時蔵も演じたお富に、
時蔵が初役で挑みます。
小気味のいい聞かせ台詞をはじめ、
胸のすくような悪婆ぶりで、堪能させてくれることでしょう。

今回は、お富が恋人与三郎のために、
昔自分を囲い者にしていた赤間源左衛門を強請るお馴染みの場面の前に、
与三郎との馴れ初めや、お富が総身に刀疵を受けて
<切られお富 > の異名を取るきっかけとなった場面を、
原作から新たに補綴してご覧いただきます。
黙阿弥描く世話物の傑作をお楽しみ下さい。

HPより抜粋


今年3月に拝見した舞台です。
【 俳優祭 】で素顔を拝見してから、
より一層、好きになった時蔵丈主演・初役の舞台です
萬屋さん公演で拝見するのは初めてかも?



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


私的辛口(?)感想です


スポンサーサイト



[舞台 【 菅原伝授手習鑑-車引- 處女翫浮名横櫛-切られお富- 】@国立劇場26年3月]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/12(水) 19:43:58
  2. 舞台