FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 キリキリ舞い 】@明治座 26年4月




十返舎一九の娘・舞はお年頃。
父と押しかけ弟子の浪人や
葛飾北斎の娘・お栄ら居候に翻弄され、きりきり舞い!
奇人変人に囲まれた舞が懸命に生きる姿を描く、
とびきり愉快な人情喜劇

あらすじ

主人公の舞は『東海道中膝栗毛』の作者・十返舎一九の娘。
両親と江戸日本橋通油町の借家で暮らしながら、
趣味と実益をかねて踊りの稽古にはげんでいる。
18歳の小町娘の夢は玉の輿。
それなのにあァ、一九に縁談をぶちこわされてばかりだ。

一九は稀代の奇人で大酒飲み、飲めばきまって大騒ぎ。
借金だらけで家計も火の車。
母のえつはとうに匙を投げてしまい、
きりきり舞いをするのはいつも舞。

そんな舞の家へ、次々に奇人がころがりこんできた!

一九の押しかけ弟子になったのは謎の浪人、今井尚武。
尚武は一九の出生のヒミツとかかわりがあるらしい。

もう一人は幼なじみで葛飾北斎の娘のお栄。
これがまたトンデモナイ奇人で・・・。

そんな最中、舞は武家の若者に見初められた。
さァ、玉の輿の夢は叶うのか?

奇人にかこまれ、舞の毎日は山あり谷あり、
怒って泣いて笑っての大忙し。
それでもお江戸の庶民は元気はつらつ。
ユーモアとペーソスたっぷりの、とびきり愉快な人情喜劇。

HPより抜粋


篠井英介さんが出演しているので、とったチケットです。
こちらも今年4月の終わりに明治座で拝見した舞台
本日も、うろ覚えの感想です



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


私的辛口(?)感想です

スポンサーサイト



[舞台 【 キリキリ舞い 】@明治座 26年4月]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/16(日) 20:13:38
  2. 舞台