FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台【紫式部ダイアリー】@PARCO劇場 2014年11月



出来がどうであれ(失礼)、三谷幸喜氏の脚本の舞台は
観ておきたい。。。今回もプラチナチケットでしたが
無事getしました
昨日、拝見したばかりですが、感想を書きなぐってしまいました
勢いで書いておりますので、いつも以上に乱筆でございます。

渋谷で、19時開演だからか、
斉藤由貴&長澤まさみというキャストだからか
劇場内には、サラリーマンの姿がかなり目立ちました

PAROCO劇場の看板。
やっぱり、チラシの拡大写真になってしまったのですねぇ。
以前は、昭和の映画館のような手書きの看板で、
毎回、楽しみにしていたのです。残念。
もう、書ける方いないなったのかも…

作家三谷幸喜が「作家」についての舞台に挑む。
登場人物はすべて「オンナ」。
紫式部と清少納言の才媛を巡るオンナの戦い。

「コンフィダント・絆」(2007)、
「国民の映画」(2011、2014)
「ホロヴィッツとの対話」(2013)と
海外の芸術家たちを題材とした「芸術家三部作」。
その三谷幸喜がPARCO劇場での新作に選んだのは「作家」。
しかも平安時代の女流作家 紫式部と清少納言です。
タイトルは『紫式部ダイアリー』。

「源氏物語」で一躍注目を集め、
今や飛ぶ鳥を落とす勢いの若手作家 紫式部。 
「枕草子」が大ベストセラーとなり、
エッセイストとして確固たる地位を築いた清少納言。
そんな二人が作家としての、そして女としての、
人生を賭けたプライドがぶつかりあいます。

舞台という「リング」の上で三谷幸喜が書き出す「言葉」の戦い、
「書くこと」にプライドをかけた二人の女流作家の火花が散ります。

書くこと。
それは自分との戦いか、
それともライバルとの戦いか。


作家 三谷幸喜が「作家」についての舞台を書き下ろします。
そして、初めてオンナ同士のバトルを描きます。

今回の上演にあたり、三谷幸喜が選んだ女優はこの二人。
若手作家 紫式部を演じるのは、
「わが家の歴史」(10年)以来の三谷作品出演となる、長澤まさみ。
本作が三谷幸喜の舞台作品へは初出演となります。
初舞台『クレイジーハニー』(2011年/PARCO劇場)から
3年振りにPARCO劇場への出演となります。

そして大ベテラン作家 清少納言を演じるのは、
三谷の舞台作品には『君となら』(95年、97年)以来となる斉藤由貴。
東宝「シンデレラ」オーディションでデビューし、
同じ事務所の先輩後輩でもある二人が
どのような「バトル」を繰り広げるのか・・・。

どうぞご期待下さい!

HPより抜粋




ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


ネタバレあり…の、私的辛口(?)感想です


スポンサーサイト



[舞台【紫式部ダイアリー】@PARCO劇場 2014年11月]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/20(木) 21:51:07
  2. 舞台