FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 コクーン歌舞伎・第十四弾 三人吉三 】@シアターコクーン 26年6月




◆かつてない『三人吉三』が幕を開ける!
 劇場空間に熱いエネルギーが満ち溢れる、コクーン歌舞伎。
1994年の誕生以来、とどまることのない進化を続け、
今年で20周年を迎えた。
第十四弾となる今回は、2001、2007年と大好評を博した『三人吉三』。
歌舞伎の名作者、河竹黙阿弥が生み出した傑作
に新たな光を当てたコクーン歌舞伎の『三人吉三』が遂に幕を開ける!

 節分の夜、同じ吉三の名を持つ三人の盗賊が出会い、
 義兄弟の血盃(ちさかずき)を交す――
 僧侶崩れの和尚吉三、振袖姿のお嬢吉三、浪人のお坊吉三。
 いま、運命が動き出す。
 数奇な運命に導かれ翻弄されながらも、
 がむしゃらに命を賭して生きる三人。
 名刀「庚申丸」と「百両の金」が
 様々な人の手を巡りもたらす悲劇の連鎖……。

 流麗な七五調のせりふと刹那的な美しさが溢れ出し、
 幕末の混沌として退廃的な世相を汲み取った黙阿弥の
 美の世界が弾け出す。
 若いエネルギーが躍動し、
 ジャンルを超えた個性豊かな俳優たちが集結する
 熱い舞台をお見逃しなく!

HPより抜粋


 
亡くなった勘三郎丈の思いを引き継いだ二人の息子が
自分たちの舞台を作ろうとしているのですから、
観に行かないわけにはいきません
今年、6月に拝見した舞台。
2日連続で勘三郎丈を思い出してしまった舞台の感想です。

このポスター写真は手ぶれではございません。
新しいコクーン歌舞伎だと、
ハッキリ伝わるポスターですね




ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


私的感想です


スポンサーサイト



[舞台 【 コクーン歌舞伎・第十四弾 三人吉三 】@シアターコクーン 26年6月]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/27(木) 20:14:03
  2. 舞台