FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 柄本明ひとり芝居 風のサラリーマン 】@シアタートラム 2014年7月



柄本明と別役実。
演劇ファン必見の夢の顔合わせが、
“ひとり芝居”という別役実にとって新たなジャンルで実現した。
柄本明は、誰にも真似できないその独特な存在感と
オーラで数多くの映画・テレビ・舞台で活躍。
2011 年には紫綬褒章を受賞している。
一方の別役実は、
2007 年は鶴屋南北戯曲賞、紀伊國屋演劇賞、
2008 年は朝日賞を受賞するなど、
その奇才ぶりは現在に至っても絶大な評価を受ける
演劇界の重鎮であり、今も、精力的に作品を発表している。

別役は柄本明という類い稀なる役者の佇まいに魅了されたという。
「一度仕事をしたいと思っていた。
以前、故・三木のり平さんと仕事させていただき、
その独特な存在感というものを体験させられて以来である」
と語っている。

そして柄本は
「だってあの別役さんですよ。
別役さんと同じ時代に生きられて幸せって思うような、
僕から見たら別格な人ですよ」
と話すなど、互いへの期待と信頼は大きい。

柄本明だからこその乾いた持ち味で、
別役作品の得も言われぬ不条理さや、
その怖さ可笑しさを体現してくれるに違いない。

HPより抜粋

演劇らしい舞台を拝見しようと思い
とったチケットです
シュールな舞台であろうと、覚悟()して劇場に向かいました。



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


私的感想です


スポンサーサイト



[舞台 【 柄本明ひとり芝居 風のサラリーマン 】@シアタートラム 2014年7月]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/12/02(火) 21:22:07
  2. 舞台