FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 双蝶々曲輪日記 】@国立劇場 26年10月



染五郎丈、この公演のこの頃には、念願の初役、
弁慶の本格的なお稽古をしていたんでしょうねぇ。
染五郎丈のBLOGでも、
この月の三役に悩みながら挑む心意気を
綴っていました
今後もどんどん大きくなっていくんですよねぇ。
その姿を見守れるように、
ワタシも老けないように頑張ります

十月歌舞伎公演は、義太夫狂言の傑作
『双蝶々曲輪日記』をお送りします。
作者は『菅原伝授手習鑑』『義経千本桜』
『仮名手本忠臣蔵』を生み出した
竹田出雲・三好松洛・並木千柳の名作トリオ。 
題名の「双蝶々」は、濡髪長五郎と放駒長吉、
二人の力士の名前にある「長」の音を取り入れたものです。

 今回は濡髪を中心とした構成で、
見応えのある通し上演でご覧いただきます。
義理と人情との間で葛藤する濡髪や
周囲の人々によるヒューマンドラマが展開します。

 序幕「新清水」は久々の上演。
豪商山崎屋の若旦那・与五郎は、遊女・吾妻と深い仲。
吾妻に横恋慕する平岡郷左衛門によって窮地に陥れられますが、
吾妻の朋輩・都と相思相愛の南与兵衛が救います。

 「角力場」では、山崎屋の贔屓を受ける濡髪が、
郷左衛門に荷担しようとする放駒に勝ちを譲り、
与五郎への力添えを頼みます。
名力士の濡髪と
素人相撲の放駒の意地と意地とがぶつかり合う一幕です。

 二人は「米屋」で再び争いますが、
弟の放埓を案じる放駒の姉・お関の苦肉の策のお陰で、
義兄弟の契りを結びます。

 しかし、「難波裏」で、濡髪は郷左衛門とその仲間をやむなく殺害。
そして、実母のお幸に一目会おうと尋ねる「引窓」へと続きます。
お幸は与兵衛の継母でもあります。
濡髪、与兵衛、与兵衛の女房となった都(お早)、
お幸―四人が互いの心中を察して苦悩する姿が、
屋根の明かり取り〝引窓〟を効果的に使って描かれます。


 幸四郎が当り役の濡髪を、半世紀ぶりに三幕通して演じます。
また、染五郎が与兵衛・与五郎・放駒の三役を勤める楽しみな舞台。
さらに各役に魅力溢れる顔触れを揃えました。
芸術の秋にふさわしい名舞台を心ゆくまでお楽しみ下さい。

HPより抜粋



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


私的辛口(?)感想です

スポンサーサイト



[舞台 【 双蝶々曲輪日記 】@国立劇場 26年10月]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/12/15(月) 21:41:08
  2. 舞台