FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 十一月花形歌舞伎 昼の部 】 @明治座 26年11月




結局、昨年拝見した舞台の感想がこぼれてしまいました。
今年も当日の殴り書きのメモを素に、
私的な感想を書かせていただきます
勉強不足ですが、おつきあいいただければと思います。。。

最初の感想は、猿之助丈の花形歌舞伎です
今月は7年ぶりに歌舞伎座公演に出ているのですよねぇ。
お正月の公演ですかぁ~。うん。うん。
松竹との雪どけ。。。良かったわぁ。

先月の演舞場に続いて
市川猿之助奮闘連続公演
と銘打たれた舞台です。
先月の夜の部は、十八役早替りと宙乗りがあったとか。
看板に偽りなしですな


一、新歌舞伎十八番の内 高時(たかとき)

史実を基にした活歴物の代表作『高時』。
執権北条高時は、愛犬の死を知り、
権力をもって傲慢な態度を見せる。
そんな高時の目に、田楽法師と見えたのは…。

 烏天狗に翻弄される幻想的な演出が
 みどころの新歌舞伎十八番です。


二、夏姿女團七(なつすがたおんなだんしち)

 上方歌舞伎の代表作
【 夏祭浪花鑑 】 の舞台を大坂から江戸へ移し、
主だった登場人物も男から女に書き換えた傑作です。

團七縞のお梶は、恩人を助けるため自らの義母に手をかけ…。
浜町河岸での殺しの場など明治座界隈を舞台に、
猿之助が気風のよい芸者お梶を勤める話題作です。



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


私的辛口(?)感想です



スポンサーサイト



[舞台 【 十一月花形歌舞伎 昼の部 】 @明治座 26年11月]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/08(木) 21:47:47
  2. 舞台