FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 十一月花形歌舞伎 夜の部 】 @明治座 26年11月




昨日に続き、11月の花形歌舞伎の感想
もともとは、昼夜通し狂言で上演されたという
通し狂言の 【 四天王楓江戸粧 】 は、長い長い狂言なのだそうです
もともと、顔見世公演として書かれたらしいので、
きっと、いろんな舞台のパロディというか
良い場面がガラ公演のように散りばめられているんでしょうねぇ


三代猿之助四十八撰の内

通し狂言 四天王楓江戸粧(してんのうもみじのえどぐま)

  市川猿之助宙乗り相勤め申し候


復活通し狂言や古典の新演出、
スーパー歌舞伎など三代目猿之助(現猿翁)の創造活動を
集大成した「三代猿之助四十八撰」の作品の一つで、
平成8年、江戸歌舞伎の古式顔見世狂言の復活を掲げ、
約200年ぶりに復活上演された作品です。
宙乗りや早替りをはじめ劇空間を駆使した新たな構成により上演します。

源頼光と四天王らによる、平将門の残党の謀反討伐を主軸に据え、
狐や蜘蛛の物語を織り交ぜた鶴屋南北の
奇想天外な大作の四役に猿之助が挑みます!



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



スポンサーサイト



[舞台 【 十一月花形歌舞伎 夜の部 】 @明治座 26年11月]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/01/09(金) 22:20:05
  2. 舞台