FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 コクーン歌舞伎 第十五弾 四谷怪談 】@シアターコクーン 2016年6月



進化を続けるコクーン歌舞伎 新演出で幕を開ける
――誰もみたことのない『四谷怪談』

1994年に十八世中村勘三郎(当時=中村勘九郎)と
演出家・串田和美
(当時=シアターコクーン初代芸術監督)の強力なタッグにより、
第一弾『東海道四谷怪談』で
華々しく幕を開けた「渋谷・コクーン歌舞伎」。
2016年は第十五弾として『四谷怪談』を上演いたします。

原作は文政8年(1825)に
大作者・四世 鶴屋南北によって書かれた『東海道四谷怪談』。
長きにわたり日本人の心を掴む「忠臣蔵」の外伝であり、
日本で最も有名な怪談話のひとつです。
コクーン歌舞伎では、1994年に記念すべき第一弾として上演。
2006年の第七弾では、第一弾の再演として進化させた《南番》と
上演機会の少ない「深川三角屋敷の場」に焦点をあて、
直助とお袖の悲劇を浮かび上がらせた《北番》
という二つの異なるプログラムで上演。
特に《北番》では演出の串田和美が、
第14回読売演劇大賞の
最優秀演出家賞を受賞するなど話題を呼びました。
『四谷怪談』は、
コクーン歌舞伎の中でも絶大の人気を誇る作品であり、
古典に新たな風を吹き込むコクーン歌舞伎の
原点といえる作品です。

~「忠臣蔵」の世界を背景に繰り広げられる、
               本能と欲が渦巻く混沌の物語~

刹那的に己の欲に生きる伊右衛門や直助権兵衛、
男たちに翻弄され非業の最期を遂げるお袖、
そして怨みをつのらせ亡霊となって復讐するお岩…


今回の上演では、2006年の《北番》をベースにした
新たな構成の新演出で、
伊右衛門に中村獅童、直助権兵衛に中村勘九郎、
お袖に中村七之助、そしてお岩に中村扇雀という配役、
コクーン歌舞伎を支えてきた片岡亀蔵、笹野高史の出演により、
誰もみたことのない『四谷怪談』が幕を開けます。

HPより抜粋


いつのまにか、また半年分の感想が溜まっています(;゜0゜)
最近は、あまりチケットをとり過ぎないようにしておりますので、
7月の観劇の日までには、追いつけるようにしたいと
思いまする(//>ω<)
やはり、拝見して早いうちに書いた方が良いですものね(〃▽〃)
というわけで、1月の観劇の感想ではなく、
先日、拝見した舞台の感想から書きまする…φ(´~`*)

コクーン歌舞伎は連続して(最初からでは無いですけど)
拝見しておりますので、今回もスグにチケットをとりました。
コクーン歌舞伎でもお馴染みの四谷怪談ですが、
誰もみたことがないっていうのが、興味深いデス。
四谷怪談は歌舞伎でも、過去に何度も拝見していますので、
どんな演出なのか気になるところですねぇ(*≧∪≦)




本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります



私的(辛口)感想はこちらをクリック…


スポンサーサイト



[舞台 【 コクーン歌舞伎 第十五弾 四谷怪談 】@シアターコクーン 2016年6月]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/06/26(日) 22:30:36
  2. 舞台