FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 乱鶯 】@新橋演舞場 28年3月



書いたまま放置されているBLOGを数件発見(;゜0゜)
どれも今年の春前後に拝見した舞台の感想です。
当日に書いたメモを書き写しただけなんですけど、
勘違いなどを修正することも、ままならないので、
そのまま、エントリーしちゃいます(T_T)

 「いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』」と銘打たれているように、
新作はケレン味を効かせた時代活劇を持ち味に
人間の業を浮彫りにする“いのうえ歌舞伎”シリーズ。
いのうえひでのりが演出を担当し、今回の脚本は倉持 裕が手掛ける。
古田新太、橋本じゅん、高田聖子、粟根まことに加え、
ゲスト俳優として稲森いずみ、大東駿介、清水くるみ、
山本 亨、大谷亮介の出演も発表された新作舞台。

“《黒》BLACK”が何を意味するのか、
どんな物語が展開されるのか、興味の尽きない本作をぜひ劇場で!


結成35周年を『五右衛門vs轟天』という
ひたすら賑やかなお祭り騒ぎで飾った劇団☆新感線が、
2016年に放つ一発目は劇団初の“本格派時代劇”、
いのうえ歌舞伎≪黒≫BLACK『乱鶯みだれうぐいす』です。
着々と年齢を重ねてきた劇団員たちの実年齢にも相応しい、
“大人でビターな味わい”の
“苦みばしったハードボイルド時代劇”となります。

ここ最近では、舞台はもちろん、
テレビドラマでも映画でも
めったに見られなくなっている王道の時代劇。
それも、江戸時代を生きる市井の人々の姿を生活感たっぷりに、
深い人間ドラマをメインにすえる作品に挑むというのは
劇団としても初めてのこと。
演出を手掛けるいのうえひでのりにとっても、
これは大きなチャレンジと言えます。

脚本を担当するのは
自らが主宰する劇団ペンギンプルペイルパイルズ以外にも
数多くのプロデュース公演やユニットに作品を提供したり
演出として参加し、テレビドラマや映画でも脚本を手掛けるなど、
活躍の幅を広げている倉持 裕。
劇団☆新感線への脚本提供は今回初、
さらに倉持にとってもここまで本格的な時代劇の
舞台脚本に取り組むのは初めての挑戦です。

HPより抜粋




本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


ネタバレあり…の私的辛口感想はこちらから



スポンサーサイト



[舞台 【 乱鶯 】@新橋演舞場 28年3月]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/17(月) 22:01:03
  2. 舞台