FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 遠野物語・奇ッ怪 其ノ参 】@世田谷パブリックシアター 2016年11月

fc2blog_20161119173615dd7.jpg

こちらは、先月拝見して、
感想が書き難い舞台で、放置していたんです(*´~`*)
毎回、舞台として秀逸であった【奇ッ怪】シリーズ。
三作目も期待して劇場に向かい、大満足して帰って来たのですけど、
それを文章で書くとなると難しくて…。
でも、思い出しながら、書いてみようと思います。

「奇ッ怪」 シリーズ第三弾!
超常的な世界観を真骨頂とする前川知大が、
異界との共生を綴る「遠野物語」をモチーフに、
現代の“奇ッ怪”な物語を紡ぎだす。

この世とあの世の境目に迷い込んだ者たちが、奇ッ怪な話を語り合う。
語り、演じるうちに、語り手自身の物語が浮かび上がっていく。
「奇ッ怪 其ノ参」では「遠野物語」を語りながら、
語り手たち、つまり私たちの現在を問い直します。
「遠野物語」は柳田国男が不可思議な遠野の伝説を聞き記したもの。
「願はくはこれを語りて平地人を戦慄せしめよ」と序文にある。
昔話とも単なる怪談とも違う、孤高のテキスト。
柳田は「遠野物語」を世に出すことで、いったい何を語ろうとしたのか。
近代化が進む変化の時期に、「遠野物語」は出版された。
今「遠野物語」を語ることで、
私たちが失って久しいもの、
失いつつあるもの、
そしてどこへ向かおうとしているのか、
舞台の上で考えます。
―― 前川知大 (脚本・演出)


緻密な構成と筆致で、
身近な生活と隣り合わせに現れる異界を描きだし、
多くの演劇ファンを唸らせてきた前川知大。
世田谷パブリックシアターは、前川知大脚本・演出による
「奇ッ怪」シリーズを2009年より継続して上演してきました。
そしてこの度、『奇ッ怪~小泉八雲から聞いた話』(09年)、
そして第19 回読売演劇大賞の大賞・最優秀演出家賞等を受賞した
「現代能楽集Ⅵ 『奇ッ怪 其ノ弐』」(11年)に続く
シリーズ第三弾、『遠野物語・奇ッ怪 其ノ参』を
2016年10~11月に上演します。

今回の「奇ッ怪」は、
民俗学者・柳田国男が遠野盆地~遠野街道にまつわる民話を集録した
「遠野物語」をモチーフとします。
河童や天狗といった妖怪たちから、死者、神に至るまで
様々な異界のものたちと生きてきた人々の記憶の集積を、
超常的な世界観を真骨頂とする前川が、
日本の演劇界を賑わす魅力ある出演陣と共にどのように紡ぎだすのか、
ご期待ください。

HPより抜粋



本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります


私的感想です…


スポンサーサイト



[舞台 【 遠野物語・奇ッ怪 其ノ参 】@世田谷パブリックシアター 2016年11月]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/31(土) 16:37:52
  2. 舞台