FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 しらぬい譚 】@国立劇場 平成29年1月




毎年、国立劇場の新春歌舞伎を拝見しております。
通し狂言で、華やかでド派手な演出が多いので、
年初め、観初めにピッタリな舞台なのです(@^^)/~~~

今年はピコ太郎ご本人登場で、TVでも話題になっていましたねぇ。
それも、国立劇場のアイドル<ころごちゃん>の
YouTubeのPPAPの動画アップのおかげですよね~~(*´-`)
最近では、歌舞伎役者さんのテレビ出演など、公演の宣伝が普通になりました。
面白い演目でも、空席が目立つ国立劇場。
せめて、徹子の部屋やスタジオパークなどのトーク番組に出演されて、
宣伝されたら良いのになぁと以前から思っておりました。
あまり役者さんの負担にならない範囲で、是非、今後も、
公演の宣伝をして、集客を心がけて(?)欲しいものです。
老婆心ながら、役者さんの士気にかかわると思ってしまうのですものヽ(´o`;



カメラに写すだけで翻訳出来る話題のGoogleアプリで、
以前、国立劇場でもらったシールを撮ってみましたよ。
国立劇場…なるほど~~(*´-`)
でも、筋書きの表紙はこんな風になってしまったわ(;´Д`A




大きな文字の国立劇場は翻訳されないのね?不思議。
ローズヒップが薔薇尻になったとか(笑)今後に期待~(((o(*゚▽゚*)o)))♡

蜘蛛の妖術を利用して
菊地家への復讐を図る大友家の遺児・若菜姫(わかなひめ)。
その巧みな謀略からお家を守ろうと苦心する
鳥山豊後之助、豊後之助の倅・鳥山秋作(あきさく)、
秋作の乳母秋篠(あきしの)を始め菊地家の忠臣たち。
その活躍を物語の主軸に据え、緊迫したドラマが展開します。

 菊地家の重宝「花形の鏡」をめぐる
豊後之助・秋作父子と若菜姫との対決、
自らを犠牲にして鳥山家に尽くす秋篠の忠義、
豊後之助の繰り出す意外な智略、
変幻自在の若菜姫の変身や“筋交い”の宙乗り、
足利将軍家を守る秋作の大立廻りや
屋体崩しで見せる化猫退治など、
見どころ満載。菊五郎を中心に、
時蔵、松緑、菊之助ほか正月恒例の
“復活通し狂言”でお馴染みの顔触れが揃い、
歌舞伎ならではの娯楽性に富んだ
華やかな舞台をご覧いただきます。

開場50周年を記念する国立劇場の初芝居にご期待ください。

HPより抜粋

fc2blog_20170129215418e70.jpg

本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります


私的辛口(?)感想です…

スポンサーサイト



[舞台 【 しらぬい譚 】@国立劇場 平成29年1月]の続きを読む
関連記事

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/01/30(月) 21:59:14
  2. 舞台