Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

シネマ歌舞伎【女殺油地獄】@二子玉川109シネマズ



今月もシネマ歌舞伎を観て参りました♪

先月、立体感があるなぁと感じた音響は、やはり特別だったようです。
揚幕(花道の出入口)のチャリン!という音が、
先月の【阿古屋】では、劇場と同じように後ろから聞こえたり、
長唄が下手や上手からしっかり聞こえたりと、
劇場と同じような聞こえ方で感動したのですけど、今回は普通でした。
やはり【阿古屋】は特別だったのだろうなぁ。

仁左衛門丈の女殺油地獄。じっくり観させていただきました(^-^)/
ヘラヘラと笑いながら殺す様など、表情がハッキリと見えました。
お吉が事切れるまで、狂気の表情だった与兵衛が
我に返ると、わなわなと震えだし、握った刃物が手から離れなかったり、
遠くで鳴く犬に怯えたりと、表情の変化が激しい。
舞台を拝見するときにオペラグラスを使わないワタシには
発見がたくさんありましたわヾ(o´∀`o)ノ

昔の話…とは言い切れないのが、この話。
甘やかされ、親とはまともに向き合わない息子。
どこか愛嬌があって憎めない、
気が弱いくせにすぐにキレる青年が、
簡単なきっかけで、一線を超え、犯罪者になっていく
…その様子をじっくりと見せられたのだなぁΣ(゚д゚|||)
近松門左衛門ってやっぱり素晴らしいわよねぇ。

この話で途中こんがらがっちゃうのが、お金のこと。
両親がお吉に預けたのが(銭)800文。
与兵衛が借りたのが(銀)200匁。
今夜中に返さないと1貫匁にすると、金貸しに言われていました。
文と匁なんで聞き取り難いのですよねぇ。
それで、ちょっと調べてみましたら、

銀1貫匁=銀1000匁、
1両=銀60匁=銭4000文  なのだそうです。

一晩で200匁が1貫って、5倍になっちゃうって事?
スッゴイ高利貸しじゃな~~い((((;゚Д゚)))))))

江戸時代の時期によって貨幣価値には違いがあるようですが、
一応、1両=10万円として現在の貨換算してみました。

与兵衛が借りた200匁だから、約33万円。
これを今夜中に返さないと、約165万円にふくれあがるということですね。
まぁ、必死になる気持ちは分かります。
そして、両親が与兵衛のためにとお吉に預けたのは、
銭800文ですから、2万円ですね。
そして、お吉を殺してまで奪ったお金は、
銀500匁といくらか…と、言っていましたから、
500匁として、約88万円ですか…。
数万円のために人を殺したコンビニ強盗事件など、
ニュースで見ますものね。。。。
ホントに、昔の話ではありません。


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2017/02/16(木) 21:12:26
  2. 観る&聴く&読むを、愉しむ