Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 猿若祭二月大歌舞伎 夜の部 】@歌舞伎座 29年2月

fc2blog_20170227223717849.jpg

【足跡姫】の感想を観劇直後に書いたので、
なんとなく安心していましたら、
拝見した歌舞伎2本の感想を書いていませんでした(;д;)
まずは、中村屋のお祝いの舞台の感想を…(*≧∪≦)φ

一、門出二人桃太郎(かどんでふたりももたろう)
初舞台を寿ぐ華やかで楽しい一幕

むかしむかし。お爺さんがお婆さんを迎えに川へやって来ると、
川上から大きな桃が流れてきます。
お爺さんとお婆さんはその桃を家に持ち帰りますが、
中から飛び出してきたのは、二人の元気な男の子。
桃太郎と名付けられると、鬼退治に行くと高らかに名乗りをあげます。
そこへ吉備津の神の使いである犬彦、猿彦、雉彦がお供として駆けつけ、
さらに吉備津神社の神主と巫女、庄屋夫婦がお祝いにやってきます。
桃太郎兄弟は鎧に身を固めて意気揚々と鬼が島へ向かい、
鬼の大将に立ち向うと、見事降参させてたくさんの宝物を受け取るのでした。

三代目中村勘太郎、二代目中村長三郎の初舞台で、
豪華な顔ぶれが二人の門出を祝います。

二、絵本太功記(えほんたいこうき)
謀反を境に破滅に向かう光秀一家を描く時代物の名作

武智光秀は、主君小田春永を本能寺で討ち果たしますが、
光秀の母皐月は息子の謀反に怒り、尼ヶ崎の庵室に籠っています。
そこへ光秀の嫡男十次郎が初陣の許しを得るために訪れます。
討死を覚悟している十次郎でしたが、皐月や母操の勧めもあり、
許婚の初菊と祝言を挙げ、出陣していきます。
そこへ現れたのは一人の旅僧。
この僧こそ、春永の腹心真柴久吉でした。
その僧を追ってきた光秀は、久吉を討ち取ろうと、
障子越しに竹槍で突き刺しますが…。

明智光秀の謀反を題材にした義太夫狂言で、
光秀が母と子を失い悲しみに暮れる場面が胸を打ちます。
重厚感あふれる舞台をご堪能ください。

三、梅ごよみ(うめごよみ)
張りと意気地が身上の深川辰巳芸者の恋模様を描く

唐琴屋の養子丹次郎はお蝶という許婚がいるにも関わらず、
深川芸者の米八と暮らしています。同じ深川芸者の仇吉は、
隅田川ですれ違った丹次郎にひと目惚れし、米八と張り合って、
丹次郎が恩ある人のために探しているという茶入を
手に入れようと策を巡らします。
ある日、丹次郎のもとで鉢合わせた仇吉と米八の二人は大喧嘩となり、
通りかかった千葉藤兵衛がやっとのことでその場を収めます。
自分に言い寄る男が茶入を持っていると知った仇吉は、
その男の意に沿う代わりに、茶入を手に入れようとしますが、
そこへ米八が現れて…。

丹次郎の色男ぶり、
そして男勝りの深川芸者仇吉と米八の、
辰巳言葉による丁々発止のやりとりが魅力の作品です。


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります


私的感想です…


[舞台 【 猿若祭二月大歌舞伎 夜の部 】@歌舞伎座 29年2月]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/06(木) 22:00:51
  2. 舞台