FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 ジョアンナ 】





この日は東京を横断、北千住まで行って参りました
帰って来てから、サイトをなんとなく見ていたら、
全く違うあらすじが載っていたぁビックリ

バチカンに実在したといわれる
女教皇の生涯を舞台化したらしいのだけど
あまりの違いに、両方のあらすじをご紹介

【あらすじ】

9世紀、イタリア。

キリスト教の聖地バチカン。
ローマはイタリア中の神学者がつどい集まる
9世紀における世界最高の知恵の宝庫でもあった。
最近、そのバチカンに枢機卿アルフォンソが気に入って
ローマに連れてきたという
神学者ジョバンニが住み着いていた。

まだ若く、しかも目もさめるような美青年。
驚くほどの教養があり、他の神学者たちの多くの質問に
いとも簡単に回答すると噂され、
若い聖職者や、青年貴族、学者が
枢機卿の家を訪ねるようになっていた。

ジョバンニが出現するまでは
枢機卿の信頼を一心に受けていたロドリゴは、
この新しいライバルの出現が気に入らない。
「あの若造はいったいどこの教会で修行していたんだ?」と
いきなり現れたジョバンニの素性を疑っていた。

貴族たちの支援がなければ神学者たちは
贅沢な研究や生活は出来なかった。
シエナの貴族、レオナルド・アルバ公爵は
ローマ教皇の最大のパトロンのひとり。
アルバ公爵の寵愛を受ければ、
かねてよりバチカンで計画されていた
聖ペテロの生涯の研究を
本にまとめる責任者の地位が手に入る。
それは多くの神学者の憧れでもあった。

この地位をめぐって、ジョバンニとロドリゴが、
枢機卿や公爵の前で質疑応答の形式で
試されることになる。
ジョバンニの人気に辟易としていたロドリゴも、
どうやって、ジョバンニを陥れるか策略が張り巡らす。

ジョバンニもこの事実には興奮するが、
自分の抱えている大変な秘密が
世に出てしまうのではないかと恐れていた。
というのも、実は女だったのだ。
本名はジョアンナといい、両親と不幸な別離をし、
少女時代を苦労して過ごす。
ひとりで生きていくために修道院の門をたたき、
そこで父と同じように本の修復をしていたのだが、
あるとき知り合った若い神父アランと恋仲になり、
駆け落ちをしたのだった。

2人で逃げる最中に考えたのが男装である。
当時は聖職者であれば、教会にさえ飛び込めば、
わずかばかりでも食事が手に入り、
一夜の雨風がしのげたので、
仕方なく男の振りをするようになったのだ。

この事実を決して知られてはならない---
もしもバレたら神を冒涜した罪で追放は間逃れない。
いや、それどころか運が悪ければ審問にかけられ、
悪魔と契約したという疑いで
死刑を宣告される可能性もある。

女でありながら
バチカンの出世の階段を駆け上がっていくジョアンナ。
彼女の生涯はとてつもない数奇な運命に持て遊ばれていく。


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



ワタシが見たストーリーはこちらに…
私的辛口(?)感想です。
 

14世紀、魅力に満ちた混沌とした中世ヨーロッパ。
何が正統で、何が異端なのか。
優れた知性たちが命がけで探求し、
議論し合っていた時代。

フランスのカソリック教会から
異端者の隊長の娘ゆえ命を狙われたジョアンナは、
偶然、修道僧のローブを着て逃亡する。
やがてパリで出会ったザクセン(ドイツ)の
ボッス大司教に出会い運命が一変することに。
ジョバンニと名乗り、
修道士を装った彼女は兄から受けた教養と、
独創的な神学論を展開し、
一躍バチカンのスターになっていくのだが…。

悩む彼女の前にロドリゴという若い修道僧が現れ、
彼の生き方に大きく影響されることになる。
時代の権力と、キリスト教の混沌とした内政、
そして才能がありながら女であることのカオスの中で、
ジョアンナは遂にたった一日だけの教皇の座に
就くことになるのだった…。


まったく違うストーリーと
キャストの関係性が変わっていて興味深い
いったい、わかぎゑふさんに
どんな心境の変化があったのだろう
でも、今回の方が究極のプラトニックラブ
こころに秘めている萌えが良いかなぁ
と思いましたよ
それならば、葛山さんとのシーンに
もう少し、切ない感じがあってもよかったかもなぁ
お兄さんとあまりに仲が良いのも
もしや、かけおちした
若い神父アランの影響だったりして…。


キリスト教を題材にした舞台としては珍しく、
すんなり飲み込めた気がしましたねぇ

宗教を題材とした作品によく登場する
生まれた時から神のご加護を求める姿などは
ワタシにとっては異質な感じなのです。
だから、そこで起きる事件や心の描写についても
上っ面しかよめてないんだろうなぁ
と、見聞きする度に感じてしまうのだよね

でも、今回の舞台のストーリー展開は分かり易い
こころの動きも、宗教のもつ、政治的背景も
ストンと落ちた
このあたりが脚本&演出の
わかぎゑふさんの旨いところかも


それにしても、
安寿ミラさんの顔が目茶苦茶ちいちゃかったなぁ
本日の舞台のお目当て原川さんの
半分位しかなかったもんなぁ。
としていて
そのくせ肩の力が抜けていて、素敵でした
ミラさんに当て書きされた作品らしいですが
脚本に描かれているより、一層イキイキした
ジョアンナだったのではないかしらん?

原川さんの大司教さまは胡散臭くてナイス
登場してきた時に浮かんだのは河内山
河内山のように気持ち良い奴じゃあないけど
なんとなく、憎めないキャラ
さすがの原川さんだなぁ

冒頭は大司教の説法(でいいんかな?)でした。

神がアダムの肋骨からエヴァを創ったので
人間は常に片割れを探してるという話から始まり
(この件は、この間、発売された『ガラスの仮面46巻』でもあったなぁ)
アダムがそのエヴァとは
再婚であることを知りましたぁ
アダムの元妻リリスは悪魔と結ばれ、
リリムも産み、そのリリムは毎夜、聖職者たちを誘惑した。
と聞いて、なんだか興味が沸き
ネットで調べたらありました。

神は地上の塵から自分に似せた人を作られた。
それがアダムであるが、
他の動物はみなつがいになっているのに嫉妬した。
それを見た神はアダムの為に別の塵からリリスを作られた。
しかし、その塵はアダムが作られたときの塵より
不純なものだったために2人の間には
いろいろと問題が持ち上がり、2人の関係に破錠をきたした。
そこで、神はアダムの肋骨からイブを作り出した。
そして、リリスはその後、悪魔と交わり
毎日の様に子供を産み落としたという。
リリスの美しい娘はリリムと呼ばれ
聖職者の夢に現われては彼等を誘惑していたと言う


なるほど~そして、更にこの神話は
エヴァンゲリオンとも繋がっていくようだねぇ。
舞台って勉強になりますな

もう一方の大司教さまのボッス役の有馬自由さんが
を引きました
特に第一部の存在感、声、身振りと
圧倒的で、ジョアンナだけでなく
劇場内の全ての観客を引っ張っていました
『悪魔は剣を持ってはいるが、それを使うのは人間。
 囁きはするがそれを実行するのも人間である。』
といったような内容のセリフがこころに残りました

この有馬さん
今まで拝見した舞台で観たことあったのかなぁ
下北沢の劇場の作品への出演が
多いみたいですねぇ
下北までは手が回らないから
今後、拝見することは、難しいのかしらん?
残念ねぇ

爽やかなプラトニックラブを拝見した後は
劇場が入っている丸井のフードコートにて遅い昼ご飯
ご飯の量と乗せるネタ(1種類75円)を
選べる海鮮丼をいただきました





【出演】

安寿ミラ
葛山信吾

宮本大誠
野田晋市
千田訓子
美津乃あわ

斉藤レイ
原川浩明
有馬自由


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/10/26(火) 21:38:30
  2. 舞台