FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

日光・旅日記 ~その6~ ナチュラルパークツアー


096杉並木

先日行った日光の旅日記も最終回になりました。
前回は日光の宿~東武日光の駅までの散策のことを書きました。

前回にもチラッと書いたナチュラルパークツアーのことを
詳しく書きたいと思います

ワタシが参加したのは、渋いツアーのパート2
人気があるのはパート1だそうです

ツアーの内容は
東武日光駅~各ホテル~憾満ガ淵・化け地蔵
~開山堂~滝尾神社~霧降の滝~各ホテル~東武日光駅です。
ウォーキングコースとして
人気のある辺りを歩きますから、身体にも心にも良さそうです
低い靴で行かないと厳しいコースです



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



詳しくはこちら…
 

097大正天皇御製歌碑

~憾満ガ淵・化け地蔵~

まずは、憾慢の路と呼ばれるあたり
杉並木を抜けていくと、大正天皇御製歌碑があります。

098大正天皇御製歌碑2

大正天皇のご静養の為に造営された日光田母沢御用邸に近いからか
この辺りを散策しながら詠んだという歌が刻まれています
右側には歌にも読まれている大谷川(ダイヤガワ)
う~ん。マイナスイオンが心地好い。

慈雲寺山門をくぐって歩いて行きます。
この辺りの大谷川の小渓谷は、憾満ガ淵と言われる荒々しい流れ。
マイナスイオン度アップ

100憾満ガ淵2

慈雲寺の護摩壇の対岸の絶壁には、
梵字で『憾慢(かんまん)』と彫られているそうなんだけど
あんまりハッキリ見えなかった
弘法大師が筆を投げて彫りつけたという伝説があるらしいです。

103憾満ガ淵4

そして、その奥にずら~っと並んでいるのは化け地蔵。
行きと帰りで数が合わないからとそう呼ばれるそうです。

102化け地蔵2

大洪水で何体かが流失し、川床に埋没していたお地蔵さまを
地元の人が見つけて、安置したそうで、
かなり崩れたお地蔵さまもいらっしゃいました。
その為に、小さくて他のお地蔵さまの影になって
見えなくなってしまうお地蔵さまも多い。
と、いうのが、行きと帰りで数が違う理由とか?

099憾満ガ淵・化け地蔵

~開山堂~

日光山の開祖、勝道上人の霊をまつってあるお堂が開山堂です。
写真は撮り忘れたようですが、渋い朱塗りの建物でした
その横にあるのが観音堂。将棋の香車の駒が並んでいます。

104開山堂(観音堂)

香車は真一直線に進む特徴から
(敵陣に入って成ると金になるし…??)
安産にご利益があるといわれているのですって。
安産祈願にきた妊婦がこの駒を借りて帰り
お礼参りで借りたものを返し、
さらに、借りた駒より大きな新しい駒を奉納するので
駒が増えていくらしいのです。

105仏岩

開山堂の裏側の断崖の仏岩には
六部天(1体は不動明王)の石仏を安置してありました
この場所は、昨日、伺った東照宮の奥宮の
ちょうど真下辺りになるそうです
日光山と開祖と家康公がこんなにそばに眠っているなんて
…地味ながら凄まじいパワー
ず~~んと沁みてくる気がしました。

106白糸の滝

~滝尾神社~

次に行ったのは滝尾神社
その神社への石段の左側に
小さいけどキレイな滝がありました…白糸の滝
でも…白糸の滝って日本にどれくらいあるんでしょうね

112運試しの鳥居

次に出てくるのが、運試しの鳥居です
額束の真中に穴があり、この穴に小石を三つ投げて
うまく通ると願いが叶うといいます
が、まったく通りません…というか
かすりもしませんでした
鳥居の向こう側には、小石がいっぱい落ちていました
ガイドさんによれば、
通った人をほとんど見たことないんですって。
この石は無念の石ってことになりますかねぇ?

107滝尾神社

真っ赤な楼門を抜けると、拝殿、本殿とあります。
渋い朱色の建物がしんとした空気に映えていました
本殿の背面には扉がつけられていて、
神体山である女峰山を拝する構造となっているそうです。

唐門右側の石柵の中に茂っている神竹
片手の親指と小指だけを使って
篠竹の葉をうまく結べたら、願いが叶うというらしいんだけど
今は竹が枯れないように、結ぶのは禁止とされています

途中に滝尾稲荷というお稲荷さんもありました

108無念橋(俗称:願い橋)

そして、重要文化財のメチャクチャ短い橋。
無念橋です。願い橋とも呼ばれているそうです
自分の歳の歩数で渡る
女峯山頂奥宮まで登ったことになり願いが叶えられる。
と、言われるているそうですが…
どんだけ細かく歩を進めれば良いのでしょう

109滝尾神社・酒の泉

そして、酒の泉
残念ながら、お酒が湧いているのではありませんでした
境内の奥にあって、昔から日光の名水として
知られている湧き水なのだそうです。
醸造家の信仰が厚くて、この水を加えて酒を造ると
良い酒ができると、されているのだそうです。
今後も美味しいお酒が世の中に途絶えませんように
しっかり、お願いして参りました

110滝尾神社・子種石

子種石…石柵に囲まれた霊石。
古くから、この石に子供が授かるように祈願すると、
子宝に恵まれ、無事安産するとの信仰があるそうです

111滝尾神社・安産子種石

安産子種石の小さな石を持ち帰ると妊娠すると
信仰されているそうですよ

縁結びの笹で、縁を結び
願い橋で、願い
安産子種石で、子宝を願い
妊娠したら
観音堂に香車を借りに来て
安産をお願いする…。

滝尾の路と言われるこの辺りは
縁結び・子宝・安産のパワースポットなんですね
もう少し、早くくればよかったかもなぁ

ナチュラルパークツアー パート2は
縁結び・子宝・安産ツアーだったのかぁ。
ただし石段や苔で足元が滑りますので
妊婦の方は考慮の上で、お願いにいらした方が良いですね

119明治の館 山のレストラン

~霧降の滝~

コースの最後は霧降の滝。
駐車場から滝に向かう道の途中に
昼間行った明治の館の姉妹店『山のレストラン』がありました。
とっても、良い感じのお店だったなぁ
時間があったらお食事したかった

114霧降の滝 看板 

霧降の滝は日光三名瀑の一つです。
華厳の滝のような迫力ある滝では
ありませんでしたけども、
久し振りに雄大な景色を見た気がしました。
流れ落ちる滝、飛び散る水
その滝を包み込む、沢山の木々…稜線。

117霧降の滝

写真では見難いですけど、滝が上下2段になってるんですね

116霧降の滝

115霧降の滝

下の段は水が細かく散ってますね
霧を降らせるかのように水が岩に当たり、飛び散って流れ落ちる。
この様子から霧降の滝と呼ばれるようになったそうです
紅葉にはまだ少~し早かったですねぇ。
ここ10日ほどで、急激に寒くなったから
きっと、今頃はちょうどキレイなんじゃないかしらん

ナチュラルパークツアー パート2は
先にも言ったように、安産スポットツアーでした
けど、そういったお願いがなくても
大谷川や白糸の滝、霧降の滝など
水が流れているところも多いし
緑の中を進んでいくので、
身体に良いものが沁みてきてる。
こころがし~んと澄んでいくような。
そんな感じがしましたねぇ

東照宮のような煌びやかさ
華厳の滝、竜頭の滝のような華やかさはないですが
渋いながらも、静かで、本殿などの朱色や
水の透明感、木々の緑、そして、紅葉
静けさを楽しむ、パート2もオススメです
何よりも良いのは 渋滞がない

120東武日光駅2 

ホテルを14時くらいに出たツアーも16時過ぎには東武日光駅へ。
日光からはうつらうつらしながら、帰路に着いたのでございます

長くて短い1泊2日
お風呂にたくさん入って
たくさん食べて
そして、よく歩きましたぁ

122お土産 明治の館 メープルシュガー

今回買ったお土産は、明治の館のメープルシュガー
毎朝のホットヨーグルト用と
お料理好きな彼女たちに…

124お土産 栃木限定のお菓子

会社やお嬢には栃木限定のお菓子を配りましょう

125お土産 日光限定・三猿キティ 

日光限定のキティは三猿キティと眠り猫キティらしいです。
栃木限定だとレモン牛乳キティもあるみたいだけど
やっぱ、日光限定かなぁ。と。
駅前のさんりお屋で着いてスグに買った三猿キティ
ホテルの売店で買った眠り猫キティ
さんりお屋では売り切れていたんだもの
でも、ふたつとも今、ワタシの携帯
揺れておりまする。キティラー復活中

126お土産 日光限定・眠り猫キティ

それから、香りが気に入った石鹸と…
いろんな処でいただいた癒しと
こころに沁みた静けさ
それから、た~くさんのお守りをいただいて
日常に戻って参りました
まだ、その恩恵が残っている気がします

日光は
明治や大正のハイカラを感ずるところも多く見られました。
次回は、そんな処に泊まって
ゆっくりした時間の流れを味合うのも
素敵だなぁと思いましたわぁ。
そんな旧き良き時代を感ずる1枚の写真
日光の金谷ホテルのパーティの写真だそうです。
真ん中あたりのミッキーがいい味だしていますよねぇ

121日光金谷ホテルパーティ写真



その1 浅草からお宿まで
その2 酵素風呂と千姫物語のお話 
その3 いざ!日光東照宮へ
その4 千姫物語でまったり♪
その5 日光散策



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/11/04(木) 20:00:56
  2. 散歩