FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 花たち女たち 】





花組芝居の舞台を拝見しました。
今回の舞台はWキャストで
それぞれに「夢たち」「恋たち」という名前が付いて、
座組みをしています
それぞれライバル意識を燃やしているのだろうなぁ

両方、行きたいところですが、
様々な事情により…片方だけ
潤さんの「夢たち」を拝見しま~す

開演前のロビーにて聞こえた言葉に笑ってしまった
『今回のパンフはカバンにスッと入りま~す
確かにコンパクトでした。ポイント高いです

某劇団のパンフはデカイ上に
毎回、サイズが違う…置き場所の困ります
そんなこんなで最近はパンフは買わないことにしたのです。
だから、今回も、売りモンクに笑いながら
ごめんなさい…


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



ネタバレあり…の私的辛口(?)感想です
 

ちゃっかり者の蔦代と生真面目な正子は芸者置屋、
津川家の雛妓(おしゃく)(見習芸者)時代からの付き合い。
蔦代は芸者から待合の女将、さらにはビル経営者になる。
正子は旦那を持ち、津川家を引き継ぐが、歌舞伎俳優仙七との恋、
別離をきっかけに単身再出発を誓い、旅館の女将になる。

恋に仕事に戦争に、翻弄されながら大きく絡む二人の人生。
十代から老境に至るまで近づいては離れ、
また近づかずにいられない二人の織り成す人生模様、
女同士の哀歓を、絢爛たる花柳界を舞台に描く。

HPより抜粋



有吉佐和子さんの原作 『 芝桜 』 『 木瓜の花 』
舞台化した作品
女性特有の人間関係
友情やら…嫉妬やら…いろんな感情が
入り混じってます

『 私たち くやしいけれど なかよしね 』

チラシにあったこの言葉。
絶妙な関係をよくあらわしています

面倒臭くて
一緒にいるといっつも損な役回りになる
離れたいのに離れられない
腐れ縁のおんな友達

そんな複雑な、こころ模様を
男性だけで演じてるわけだからなぁ
加納座長って何者なのぉ?
って感じ

それにしても、潤さん可愛い過ぎる
八代さんは、奔放過ぎるし…
小林さんの仙七は艶っぽくて
なるほど、歌舞伎役者なら人気出るでしょうね

本音を言えば…座長の出番が少なくて残念だったなぁ
でも、この作品の演出は大変だったでしょうねぇ
それも、座組みがふたつある以上、苦労も倍。
仕方がないでしょうねぇ

この日は終演後、写真撮影会が
あったんですけど…長蛇の列で諦めましたぁ


【夢たち】

木村正子 … 植本潤
西田蔦代 … 八代進一
阿や八 … 山下禎啓
江藤卓爾 … 北沢洋
芳沢延二郎 … 松原綾央
芳沢仙七 … 小林大介
女中お光 … 磯村智彦
ふじ … 秋葉陽司
鶴弥 … 美斉津恵友
山田一人&湧井隆三 … 各務立基
安川誠 … 丸川敬之
山田一子 … 大井靖彦
瀬川看護婦 … 横道毅
津川家の姉芸者 五郎丸 … 嶋倉雷象
客(浅井) … 水下きよし
花村の女将 … 溝口健二
芸者小吉 … 桂憲一
大僧正 … 二瓶拓也
若い客1 … 美斉津恵友
若い客2 … 丸川敬之
見巧者1 … 横道毅
見巧者2 … 秋葉陽司
江藤夫人 … 嶋倉雷象
河村屋の番頭岡本 … 桂憲一
三延 (仙七)の弟子 … 美斉津恵友
鏡獅子の家老 … 水下きよし
鏡獅子の老女 … 加納幸和
鏡獅子の奥女中 … 松原綾央
タクシー運転手 … 山下禎啓
看護婦(美容整形) … 嶋倉雷象

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/11/16(火) 21:44:08
  2. 舞台