FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 シングルマザーズ 】


シングルマザーズ

直(なお)(沢口靖子)は12歳の男の子を育てるシングルマザー。
派遣社員として働くかたわら、シングルマザーの支援団体、
“ひとりママ・ネット”の新米事務局長としても忙しい。

時は2002年の秋―――事務所はオンボロアパートの一角だが、
代表の燈子(とうこ)(根岸季衣)と直の目標は大きい。
児童扶養手当の削減を阻止するため、国会を動かそうというのだ。
ロビー活動や、ネットワークづくりに追われる日々。

シングルマザーたちからは、
ひっきりなしに悩みごとの相談が寄せられる。
水枝(みずえ)(玄覺悠子)も初音(はつね)(枝元萌)も、
そんな中で出会った仲間だ。
彼女たちがつまずきながらも、
それなりに自立していく様子は、直の励みになっている。

ある夜、見知らぬ男(吉田栄作)が事務所に現れた。
妻子が突然消えてしまったという。
話を聞くうち、直にはひらめくものがあった。
この男には、DVの傾向があるのでは?
この夜から、直と男の奇妙な交流が始まった。

そして、2007年。国会へのロビー活動は、
いよいよ正念場を迎えて―――

HPより抜粋


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



ネタバレあり…の私的辛口(?)感想です
 

最近では、ワーキングプワという言葉を
よく聞くようになりました。
でも、考えてみれば
シングルマザーと呼ばれる方々は、
多分、ずう~っと前から
ワーキングプアになる危険性
常に背中合わせなのだなぁと気付かされる内容でした。

シングルマザーという言葉が
特別視されることが減りつつある現在でさえ
働くママたちへの世間の眼
優しくはありませんものね。

仕事でスキルアップしたくても
そういうときになるとお子さんが調子を崩す…
という話を現実でも聞いたことがあります

そりゃあ、弱音をはきたくなりますよ。
お金・時間・人間関係…悩みばかりですもん
でも、この舞台の女性たちには、
応援してくれる仲間がいるんですよねぇ。
シングルマザーの横の繋がりは強いのかなぁ
現実の世界でもこういう風に支え合える仲間がいるのなら
ママ友で苦しんでいる普通のママたちよりも
救われる部分が少しだけあるのかも…とも思ったのでした。

少人数の舞台はキャストの
みなさんが光っていて良かったわぁ
DVを悔やむ舞台の中の吉田栄作さんは
情けないくらいで、全くカッコ良くなかったけれど
舞台が終わって挨拶をした時はカッコ良かったわぁ
所謂、吉田栄作カラーのミュージカルよりも
こういうストレートプレイの方が良いような気がしましたわぁ。

舞台のロビーには募金箱が
必ずというほど設置されていますが、
この日は閉演後、
キャストの方々が募金箱を持って待っていました

もちろん、沢口靖子ちゃんのところに行きました。
顔がちっちゃくて、肌はツヤッツヤ
『頑張ってくださいね』と声をかけたら、
握手をしてくれました。手も柔らかかったですわ

こういうときの舞台はキャストやスタッフの方々も
大変だったと思います。

素敵な舞台を有難うございました

作・演出 永井 愛
出演者  沢口靖子 根岸季衣 枝元 萌 玄覺悠子 吉田栄作


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/04(月) 20:49:05
  2. 舞台