FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 チェーホフ?! 】


チェーホフ?!001

チェーホフ生誕150周年記念
『チェーホフ?!』~哀しいテーマに関する滑稽な論考~

という、舞台
タニノクロウさんとチェーホフの組み合わせ…
難しいのを覚悟してとりました
だって、篠井さんと毬谷友子さんが出るんだもん

チェーホフの戯曲や小説をもとにした作品ではなく、
奇術や魔術、民間伝承といったものをテーマとした、
チェーホフが医学部の学生だったころの
博士号論文の草稿に焦点を当てた作品。
現実世界と人間が思い描く妄想世界を舞台化した。


ものらしいです。

ほ~ら、難しいでしょう


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



私的感想です…
 

チェーホフ?!

チェーホフ作品は何度か観ているけど
そういった作品とは関係ないみたいねぇ

チェーホフ作品て、あんまり大きな事件は起きなくて
たんたんと過ぎる日常の中で、
少しだけ違う事柄が起きた時の、それに関わる人たちの
こころの動きを想像させて、たんたんと終わっていくと
いった感じだったと思うのよねぇ

そんな、人間への視線を投げかけられる
チェーホフの頭の中を読み解こうってことなのかなぁ
と、理解しましたよ

魔女やら悪魔やら、医学者やら、胡散臭い人がいろいろ出て来て
人間とは…、病とは…と、問いかけては消えていく

西洋でも東洋でも、医学が魔術と同じように
とらえられていた過去があるんですよねぇ
そんな時代のことを思ったりなんかしておりましたが
結局のところ、なんだか不思議な異空間に入って
不思議で、キレイで、インチキぽかったり
漠然としていて……で

でも、それはそれで良いのであろうと


なんだか、
頭がちょっ~とだけ、良くなったような気がしますわ


小さな劇場でやっていたので
観にいらしていた女優さんや業界人も
隠れる場所無しって感じでした。

女優さんは、みんな、顔が小っちゃくて綺麗だった
 

【スタッフ】作・演出=タニノクロウ ドラマトゥルク=鴻英良
【キャスト】篠井英介/毬谷友子/蘭妖子/マメ山田/手塚とおる


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/02/12(土) 20:31:35
  2. 舞台