FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台【愛の讃歌~エディット・ピアフ物語~】


2011.04.24愛の讃歌

「愛の讃歌」でしられる<愛>と<歌>に生きた
世界的シャンソン歌手エディット・ピアフ。
<一夜にしてつかんだ華やかな栄光の日々>と
<苦難・絶望・挫折>とにみちたピアフの波乱万丈の生涯を
美輪明宏でしか表現できない無償の愛と歌で、
ドラマティックに感動的にお贈りいたします。

どうぞご期待下さい!


【愛の讃歌】の舞台は前にも拝見していますが、
また観たくなって、とったチケットでしたが、
今回は演出が変わっていて、印象が随分違いました



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



私的感想です…


歌と愛に生きたエディット・ピアフの人生を振り返ります。

第一幕
街角で歌っては、子供のミルク代と妹の生活費を稼いでいたエディット。
その歌声に惚れ込んだ高級クラブの経営者ルイ・ルプレにひろわれ、
作詞家のレーモン・アッソーと出会い、
名声を得るところまでが描かれています。


第一幕はエディットが出世していく幕なので、
赤ちゃんが死ぬところ以外では
涙のシーンはあんまり無いかなぁと思って
ハンカチを仕舞っていたら…
【ミロール】を歌われてしまったぁ
この歌、好きなのですよ
娼婦の純愛の歌なのです…沁みる


第二幕
イヴ・モンタンとの愛、
また、運命の人マルセル・セルダンとの出会いと愛。
そしてマルセルの死までを描いています。


ピアフの見返りを求めない無償の愛が中心に描かれている幕です。
男性に対する愛情は勿論のこと
まわりにいる方への心遣いも素晴らしいのですよね
だからこそ、一番親しい方々は最後の最後まで
彼女の側から離れていかなかったのだと思いますわ
大震災に立ち向かう方々の深い愛情を
TVを通じて拝見していましたので
ワタシ自身の未熟さを痛感します…。

そして、ピアフの大恋愛の相手マルセル・セルダンの妻もまた、
素晴らしい人だったのでは?…と想像したりします
そして、ピアフと妻の両方の愛を受けていたマルセルは
いったいどんな素敵な男性だったんだろうなぁ。。。

【愛の讃歌】は、マルセルの死後に書かれたのではなく
生きていた頃に、彼への純愛を書いた歌詞なんですよねぇ。

「大地から吹き出す炎みたいな愛、
     真実の愛、いい曲が出来てよかったわ」
作曲家マルグリッドの言葉です。


第三幕
マルセルを失い、酒と麻薬中毒になり
ぼろぼろになってしまったエディットが
親子ほど歳の離れたテオ・サラポと出会い
その愛によって立ち直り、結婚し
愛に包まれながら亡くなるまでが描かれています。 


マルセルを失って身も心もぼろぼろになり、
莫大な借金まで抱えてしまったエディットだけど、
そんな病床で出会った
ギリシャ人青年テオ・サラポと新たな愛を育みます。
彼との愛によって生きる力を得たエディットは
たった一年の結婚生活の後、
亡くなってしまうのだけれど…
大きな愛に包まれていたのだから
正直なところ、幸せだなぁと思ってしまいますわ


前に拝見した【愛の讃歌】より
随所にユーモアが散りばめられていて、
くすくすと笑える感じだったわねぇ

その大きな役割を担っていたのは
妹のシモーヌを演じていたYOUさん
彼女の声の質、独特の雰囲気が良いのよねぇ。

そして、最後に響いたYOUさんのナレーション。

「テオはエディットが死んだあと
 6年間かけて彼女の残した借金を全額返済し、
 その直後に交通事故で世を去りました。

 死の間際に言い残した言葉は、
 エディットの隣に葬ってくれ、というものでした。

 ここに私は二人のために冥福を祈らせてもらいます」

テオもまた無償の愛を捧げられる人だったのですよねぇ
人間がみんな、無償の愛をこころに生きていければ
世の中は、ずっと住み易くなるのだろうなぁ

余談ですが、観劇したこの日
周防監督と草刈民代のご夫婦がいらしていました
キョロキョロとされていた民代さん。
お隣に周防監督が戻られると、微笑みながら
ひとつのパンをふたつに分けて召し上がっていました。
なんか微笑ましくて素敵でしたわぁ
そういえば、同じビルの5階で【ダンシング チャップリン】
をやっているのですよねぇ

作・演出
美術・衣装 美輪明宏
出演 美輪明宏
佐藤雄一(新人)
YOU、大和田伸也
山谷初男、松橋登、柄沢次郎、
菊池隆則、城月美穂 他



2011.04.24愛の讃歌2


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/05/02(月) 20:39:09
  2. 舞台