FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 たいこどんどん 】


たいこどんどん

『天保十二年のシェイクスピア』(05年)以来、
『藪原検校』『道元の冒険』『表裏源内蛙合戦』と、
井上初期作品に新たな命を吹き込み、
エネルギッシュな舞台を
世に送り出してきた蜷川幸雄が挑む第五弾!

本作品は井上ひさしが直木賞受賞後の第一作として書いた小説
「江戸の夕立ち」をみずから劇化、75年に放った快作です。

江戸日本橋の薬種問屋の若旦那・清之助と、
忠実なたいこもち桃八が、ひょんなことから漂流して、
拾われた船に連れて行かれたのが東北・釜石。
各地を転々とする九年の珍道中がここから始まる。
二人には思いもかけないような災難が次から次へと降りかかる。
流れ流されたあげくようやく「江戸」に戻ってくると・・・。

若旦那にどんなに裏切られても
無償の奉仕を続ける幇間・桃八。
社会は激変していっても根本的なところで
「なにも変わっちゃいない」日本への静かな怒りや、
時代に不意打ちにされつづける大衆への提言。

歌や、踊り、お座敷芸など
笑いがあふれるエンタテインメントの底には、
庶民に向けられる作者の視線が
2011 年にもまた同じ強さで光り続けます。

HPより抜粋


井上ひさし×蜷川幸雄×橋之助×古田新太という
豪華なメンバーに挽かれて、チケットを取ってみました

ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
ネタバレあり…の私的辛口感想です




う~~ん。【薮原検校】の時も感じたんだけど
井上ひさしセンセと蜷川演出は合わないのかしらん
前作の【ムサシ】は良かったんだけどねぇ。
武士の世界だと、表現も違うから
違和感がなかったのかなぁ

どっこい生きてる!市井の人

っていう、井上センセの原作に多く登場する
ひと、の強さが感じられなかった

東北再生!!!という
強い思いを表現していたのかもしれないけど…。
キャスト全員の幕切れの表情が
憂いを含んだように見えてしまったからかなぁ
ワタシはもっと明るい、
力強さが感じられる幕切れの方が好きですな

幕開けした時はワクワクしたんですよ~
富士のお山を望む、幕末の江戸の様子。
風景や商家、色町…などなどのミニチュアの書割から
全キャストから、姿を現すという演出でした。
愉しそうだぁ~~っと。
(ラストシーンもこの書割から顔を見せたのでした…その表情が
途中のストーリーはかなり面白かったなぁ。
笑いどころもたくさん作られていました

橋之助さんの若旦那。
ほんわかした感じは歌舞伎の和事風
でも、清之助は江戸っ子気質の男でもあったりして
中途半端になっていたかもなぁ
声は明瞭でとっても良く聞こえていましたわぁ

千秋楽近くだったからかもしれないけど
古田新太さんの声が聞き取れなかった
その辺はマイクの問題かもしれないけど
活舌も悪かったなぁ
相当長い脚本を縮めているでしょうから
長台詞を早口でしゃべってました。
オマケに古田さんのセリフは
メチャクチャ多いし、得意のアドリブも
被せてくれるお相手がいない
ツラいところですなぁ。
実際の主人公は、たいこもちの桃八ですからねぇ
日頃の古田さんを拝見しているワタクシからすれば
消化不良の感は否めないけれども
とにかく、ぶっとい柱になっていらしたのは間違いないです。

鈴木京香さんは美しかったぁ
歌については、おいておくと致しましょう
3役、やっていらした中でも、
やはり品川女郎のお役の美しさが良うございました

この下は、結末にふれております
お気を付け下さいませ。











結末はかなり悲惨です
苦労して、8年ぶりに江戸に戻って来たら
両親は自分のせいで亡くなり、大店は潰れ
妹までも行方不明
そして、恋しかった江戸さえも無くなって、
東京と名前を変えていた

最早、自分には何も残っていないと嘆く 若旦那・清之助
それでも、自分たちには明日がある
一度は人生を投げ出そうとした たいこもちの桃八
力強く、片足で立ち上がります

それが、井上センセイの良さだと思うのですよねぇ。
御上、社会、国…の身勝手に翻弄される市井の人は
怒りを感じながらも、力強く一歩を踏み出す
時には、笑いながら泣いて、怒りながら歌って、
笑いながら踊って、泣きながら笑って
それでも立ち上がる

批判はある。強い怒りもある。
でも、幕切れは、ひとの強さを信じて終わる。

という、井上センセイの作品として
仕上げて頂きたかった

大きな事がらが起きても変わらない時世への怒りによって、
まとまりのない作品に仕上がってしまったのかなぁ


そういうところはキャストにも反映していて
いろんな役者さんを使っている割に
各々が光っていなかった気がしました
結局のところ…
井上センセイの作品によく主演している六平さん
蜷川演出作品によく出演している瑳川哲朗さん
お二方が良いあじを出していらして
安定感・存在感を感じましたねぇ

落ち着いてからの再演に期待かなぁ


作    : 井上ひさし

演 出  : 蜷川幸雄

出 演  : 中村橋之助、古田新太、鈴木京香、宮本裕子、大石継太、
       大門伍朗、 市川夏江、大林素子、飯田邦博、塚本幸男、
       立石凉子、六平直政、
       瑳川哲朗


ロビーでは東北名物として、
どんどん焼きが売られていましたぁ。
昔の縁日で売っていた
関西風でないお好み焼きを思い出す
素朴なお味 懐かしかったぁ。

どんどん焼き

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/05/29(日) 20:51:05
  2. 舞台