FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台【23年10月歌舞伎公演 @国立劇場】


10月国立劇場

室町初期、三代将軍足利義満は、対立していた
《南北朝》を合体させましたが、政治的野望の実現のため、
南朝方の新田義貞や楠正成の一族を滅亡に追い込みます。
両家の子孫、新田小六(にったころく)と
楠姑摩姫(くすのきこまひめ)は、
吉野山の仙女九六媛(くろひめ)のパワーを得て、
南朝再興と足利将軍家への復讐を誓います。

一方、小六が父の敵藤白安同(ふじしろやすとも)を討った直後、
藤白の妻長総(ながふさ)は家来の
褄笠小夜二郎(つまがささよじろう)と出奔します。
その旅先で盗賊の木綿張荷二郎(ゆうばりにじろう)の
餌食となった二人。
小夜二郎は荷二郎に殺害されますが、
長総は自ら進んで荷二郎の女房になります。
この出来事が小六や楠家の人物を巻き込んで、
思いも寄らない展開を引き起こします。果してその結末は…、
そして、小六と姑摩姫の復讐の顛末は…。

小六の《温泉場の夜襲》、
九六媛と姑摩姫が客席上の左右を同時に飛ぶ《両宙乗り》、
悪の魅力を放つ荷二郎や長総をめぐる意外な因縁話、
姑摩姫の《金閣の屋根上立廻り》など、
楽性豊かな趣向を盛り込み、
波瀾万丈のドラマが繰り広げられ、舞台から目が離せません。

菊五郎を始め、時蔵、松緑、菊之助ほかお馴染みの座組が、
復活通し狂言でのノウハウを活かして意欲的に挑みます。
ご期待下さい。

HPより抜粋



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
私的辛口(?)感想です…


開幕した途端に目に入って嫌な感じがした金色のライト
ライトの角度が変わり、その後に、浮かび上がったのは金閣寺。
この演出のおかげで、金閣寺のキラキラがイヤミな感じがしましたわ

全体的にこのような奇抜とも思える演出がされていました
復活狂言なので、菊五郎丈の自由な発想や企画が
活かされているのでしょうねぇ。

藤白安同が新田義貞を殺す場面では、ちょっと笑ってしまった
真っ暗な中、顔だけライトで浮き上がらせ、
斬られた瞬間に、ブスッという効果音がして、
殺された義貞の顔が赤いライトに変わって…ちょっと、バカ殿風だったような…。
でも、早替わりも必要なくスピーディな展開で良かったです

仙女九六媛の住処の登場シーンでは、
薄暗い中、盆回し&奇っ怪な形の道具の上げ下げだけで
不可思議な雰囲気を表現していました

九六媛と姑摩姫が客席上の左右を同時に飛ぶという
両宙乗りは、圧巻でしたわぁ
九六媛の乗っている目が赤く光る白い狼はちょっと《もののけ姫》風でした
床の義太夫(?)が、美輪さまの声に聞こえてくるような???

今回も、菊五郎丈がお好きな流行モノが入っていました。
仲居さんが撫子ジャパンでした。
背番号ならぬ仲居番号を名乗るあたりはおにゃんこ風で
秋元康氏へのオマージュかしらん?

姑摩姫の金閣の屋根の上での立ち回りは、
黒御簾&床のかけあいが、ステレオのように聞こえて
華やかで、尚且つ、正義の戦いである感が満載
捕手が持つ赤い梯子や棒が
金閣寺や姑摩姫の衣装に合っていて、より華やかにみえたわぁ

長総にいいように振り回される小夜二郎も
若々しくて素敵だった菊之助丈。
あと一役は、凛々しい姑摩姫でした。
次の舞台では、是非、キレイな女形の菊之助丈が拝見したいわね

松緑丈の安定した存在感が
芯になっているストーリーのように思いましたわ

赤姫もお似合いになる時蔵丈ですが、
今回は悪女というか、当節風のサバケた女性、長総役でした。
あそこまで、サバケていると悪女に見えなくて
逆に、魅力的にも見えたりして
若党の梅枝丈が良いなぁと思っていたら
時蔵丈のご子息なのですねぇ…楽しみです

颯爽と現れた仁義の人かと思えば、一転、盗賊という
木綿張荷二郎のお役はもちろんのこと、
小林幸子さんバリの九六媛の衣装で宙乗り。。。
お元気な菊五郎丈のお姿を拝見出来て嬉しかったわぁ
愉しかったなぁ~~~



曲亭馬琴=作『開巻驚奇侠客伝』より
  尾上菊五郎=監修
  国立劇場文芸課=脚本
通し狂言 開幕驚奇復讐譚(かいまくきょうきあだうちものがたり) 五幕十場
尾上菊五郎
                 両宙乗りにて術譲り相勤め申し候
        尾上菊之助
                        国立劇場美術係=美術



発  端      新田貞方討死の場



序  幕(相模) 箱根賽の河原の場



          底倉温泉藤白家浴館の場



二幕目  九六媛仙境の場



三幕目(伊勢) 上多気宿街道筋の場



          同     旅籠屋の場



          同     店先の場

          飼坂峠の場



四幕目(河内) 千剣破村木綿張荷二郎内の場



大  詰(山城) 北山殿金閣の場




 (出演)
  尾  上  菊 五 郎
  中  村  時   蔵
  尾  上  松   緑
  尾  上  菊 之 助
  坂  東  亀 三 郎
  坂  東  亀   寿
  中  村  梅   枝
  尾  上  右   近
  中  村  萬 太 郎
  尾  上  松   也
  河 原 崎  権 十 郎
  市  村  萬 次 郎
  市  川  團   蔵
  坂  東  彦 三 郎
  澤  村  田 之 助
              ほか
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/27(木) 21:27:20
  2. 舞台