FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 天守物語@新国立劇場 】


天守物語

武田播磨守の居城、白鷺城の天守閣。
巨大な獅子頭がすえてある最上階には、
魔界の者たちが住んでいる。

今宵は天守夫人・富姫(=篠井英介)の
親しい友・亀姫(=奥村佳恵)がやってくるというので、
腰元たちは歓待の準備に大わらわ。
亀姫の一行が到着し、楽しいひと時を過ごす魔物たち。
亀姫は手土産の男の生首を披露する。
それはこの白鷺城の城主・播磨守の兄弟で、
猪苗代亀ヶ城の城主・武田門之介の首だった。
亀姫がそろそろ帰ろうとするところへ、
城主・播磨守が鷹狩りから戻ってくる。
播磨守自慢の白鷹をすっかり気に入った亀姫。
富姫は白鷺に化けて羽ばたいてみせ、
それに釣られて飛んで来た白鷹を捕らえて亀姫に進呈する。

日はとっぷりと暮れ、富姫が一人獅子頭の前に佇んでいると、
灯りを手にもった一人の若者が現れる。
その若者は播磨守の鷹匠・
姫川図書之助(ずしょのすけ=平岡祐太)と名乗り、
白鷹を逃がしたために切腹させられるところ、
だれも恐れて登ろうとしない天守に白鷹の行方を捜しにいけば
一命を助けようといわれたと語る。
富姫は心がまっすぐで凛々しい図書之助を一目で気に入ったが、
天守へ登ってくる者は生きて返さない掟なので、
二度とここへ来てはいけないと諭して帰す。
しかし雪洞の灯りを大蝙蝠に消されてしまった図書之助が
火をわけてほしいと戻ってくる。
もはや図書之助を愛おしく思う富姫は、
彼を帰したくないと告げるが、
図書之助は迷いつつも地上に戻ることを選ぶ。
富姫は自分に出会った証拠として、
さきほどの播磨守秘蔵の兜を渡す。
しかし図書之助は、兜を盗んだという疑いをかけられ三度、
天守にのぼってくる。
無実の罪で殺されるくらいなら、
天守に登った罪で姫の手にかかって死にたいと。
追手に囲まれる富姫と図書之助。
二人は獅子頭の中へと逃げ込むのだが……。

HPより抜粋



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。

初見の日は~事情があり2回拝見しております~
アフタートークがありましたので
その内容も踏まえながらの私的辛口感想はこちら…




正直、難解であろうと覚悟して取ったチケットでございます
幻想的な泉鏡花の世界を白井晃さんが演出、
主演は笹井英介さんとなれば…。
霞みがかった向こうに見える、ぼんやりと明るい、優美な世界
美しいことだけは間違いないと期待して参りました

が…思いの外、解かりやすかった
この世のものではないものなのに、
怪奇ではなく、妖しく、美しく、あくまでロマンティックに

まず、目に付いたのは、
白井さん演出らしいシンプルな舞台装置でしょうか。
一番手前には能舞台のような四角い空間があり
その奥には長方形の舞台が奥に向かって幾重にも並んでいる空間。
すべては黒で統一されていて、
雨のようにも槍のようにも見える銀色の飾りが
突き刺さるように付いています。
後ろはそれぞれがセリにのっていますので、
上下に稼動します

手前の能舞台のような空間が富姫のいる天守閣です。
舞台を囲む、黒や赤の囲いのようなものは
原作に表現された鼓の緒…つまり鼓の糸ですね…の欄干。
劇中にも、腰元の女郎花のセリフに
『泥や鉄の重くるしい外囲は取払っておきました。』
というのがありましたから、あくまで雅な様子になっているわけです。
この天守閣、映画であれば、
絢爛豪華な道具が必要になると思われます。
舞台ならではの削ぎ落とされた表現だなぁと思いましたわ。
『映画と舞台では舞台装置に大きな違いがあります』と
三谷幸喜氏が日芸の講義でおっしゃっていた(wowow)のを
実感する舞台装置でありました

道具もほとんどなく、舞台上にあるのは
物語のキーポイントとなる大きな獅子頭と、
途中、侍女たちが持つ襖のようなものくらい

そんな中、今回、活躍していたのはセリ
複数のセリを巧く使って異空間を作り出していましたねぇ。
メカニックな部分がこの雅な世界を表現しているって、
なんだか不思議な感じがしますよねぇ

演者たちが見ているものが、後方に繰り広げられたり、
天守閣に続く階下からの階段や回廊になったりと
背後の道具は、さまざまな場として使われていました

夜叉ケ池に行っていた富姫が天守閣に戻ってくる場面。
一番後ろのセリに乗った富姫が
突然強い光の中にふわ~~っと浮かび上がり
上下するセリを渡って能舞台(天守閣)に戻ってきます。
まさに雲の上というか、空中を渡り歩いてくる感じがしましたわぁ
舞台の上での黒いものは無いということ…を
実感するような場面でしたわ

実はワタシはこの場面が見たくて、2度この舞台を見ました。
1度目の時は、劇場を間違えるという失態を犯し
30分ほど遅れた為、この場面が見られなかったのです
アフタートークの司会をしていた中井美穂さんが
感動していたので、どうしても見たくて
チケット救済サイトにてチケットを購入して、
再度、観に行ったのです。
2度目は2階席にしたのですが、視点が変わって面白かった。
見えていなかったものが見えて、
見えていたものが見えなくなりました

次に気になったのは腰元の衣装でしょうか…
着物風の衣装なのですが、
実は着物ではない作りになっているそうです。
袖は袂の下が分かれていたり、だらりの前結びの帯に加え、
後ろにも軽い素材のだらり帯のような飾りがついています。
すそは内掛のように裾をひきずっていました。
5人の腰元には桔梗、撫子、萩、葛、女郎花(おみなえし)と
いう秋の七草の名前が付いていて、
衣装にもその七草が描かれていました
食する春の七草と違い、鑑賞するだけの秋の七草なのが、
鏡花らしいとも思ったのですが
舞台の設定が晩秋だから、そうしただけなのでしょうかねぇ

富姫や亀姫、奥女中の薄の打掛も手書きの衣装なのだそうです。
刺繍や金糸銀糸の華やかな打掛だと重いから
手書きにしたのかしら?と思っていたら
アフタートークで重い衣装なのだとお聞きしました
だとしたら、あそこまで着物風でなくても良かったような気も…
というか、侍女の宴の時の踊りが気になったのですな
その踊りは舞踊ではなくダンスに見えたので…。
気になって仕方が無かった
足の運びなどで、裾や袂がバタバタするのが
好きじゃなかったんですよ
それ以外のところは良かっただけに勿体無い気がしてなりません。

富姫の笹井さん、薄の江波さんは
演技はもちろんのこと、立ち居振る舞いも美しい
裾さばきも華麗でございました。
女優さんは特に大変だと思いますわぁ
衣装や鬘の重さを伺う度に、歌舞伎役者さんだからこそ
美しく見える仕草なのだなぁと思いますもの。

若々しい図書之助に引っ張られていると
笹井さんがアフタートークでおっしゃっていたのを思い出し
再見のときは、そう思いながら拝見したら
なるほど、前回とは違うような気がしました。
若くて、芯が素直な役者さんは伸びるのでしょうねぇ
朱の盤坊、舌長姥、近江之丞桃六も
それぞれに個性的で良うございました

開演直後、苧環(絹糸だろうからこうは言わないのかな?)を
手にした侍女たちが白露を餌に秋草を釣るという場面は
(前回は見られなかった)風流でございましたぁ

舞台として好きな仕上がりだったのですが、
玉さまの富姫が無性に見たくなりました
そうしたら来年、玉三郎丈×泉鏡花の3作品が
シネマ歌舞伎として、上演されるというのを知りました
ニザさまの女殺油地獄は見られなかったけど
今回は是非、見に行きたいと思いま~~す


作 : 泉鏡花 
演出: 白井晃

キャスト:
富姫・・・・・・・・・・・・・・・篠井英介
姫川図書之助・・・・・・・平岡祐太
亀姫・・・・・・・・・・・・・・・奥村佳恵
桔梗・・・・・・・・・・・・・・・村岡希美
山岡九平・・・・・・・・・・・関秀人
小出原修理・・・・・・・・・関戸将志
朱の盤坊・・・・・・・・・・・坂元健児
近江之丞桃六・・・・・・・小林勝也
舌長姥・・・・・・・・・・・・・田根楽子
薄・・・・・・・・・・・・・・・・・江波杏子

粟田麗 鳴海由子 小見美幸
岡野真那美 冠野智美 淺場万矢
飛鳥井みや 

津村雅之 今國雅彦 稲葉俊一
早川友博 関佑太 遠藤広太
平良あきら (敬称略)

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/17(木) 19:19:47
  2. 舞台