FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 深呼吸する惑星 】


第三舞台封印解除&解散公演

10年、どうすごしていましたか?
人生はハードでしたか?
なんとか生きていましたか?
この10年間は、あなたにとって、どんな10年でしたか?

僕はなんとか生きてきました。
そして、10年前の思いを実現しようと、封印を解除しました。

年を重ねて来た自分達の人生を描きたいという思いと、
今を生きてるという現実を描きたいという気持ちと、
10年ぶりにメンバーと芝居を創りたいという熱意とともに、
公演をやろうと決めました。

そして、もうひとつ大切なお知らせ。
どんな芝居をやろうかメンバーと相談している中で、
この公演をひとつの区切りにしようという思いが固まりました。
今回の芝居は、封印解除であり、同時に解散公演になります。

ずっと第三舞台を見てくれているあなたへ。
そして、初めて第三舞台を見るというあなたへ。

30年前の旗揚げの時から、
僕は第三舞台についてこう言っています。

『第三舞台は変わらない。そして、変わり続ける。』

最後の第三舞台になります。

よろしければ劇場でお会いしましょう。


鴻上尚史

第三舞台とは…
「まず第一舞台がありまして、
 それはスタッフとキャストが力を合わせた舞台のこと。
 第二舞台は観客席。
 第三舞台は、第一と第二の舞台が共有する幻の舞台。 
 劇団の自己満足に終わらず、
 お客さんが付き合いで来ているだけでもない、
 最上の形で共有する舞台、
ということで第三舞台と名付けました。

             (鴻上尚史/早稲田演劇新聞1981.VOL7)」

1981年早稲田大学演劇研究会で、旗揚げ。
スピード感あふれるセリフ回しと場面転換、
社会への鋭い風刺とそれを包みこむギャクの応酬。
シリアスと笑いの境界を自由奔放に行き来する
エンタテイメント性あふれる作風が、熱狂的に観客に迎えられる。
その後、2001年劇団結成20周年記念公演
「ファントム・ペイン」にて、その活動を10年間封印。
2011年11月、30周年記念公演で活動を再開。

HPより抜粋


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


ネタバレあり…の私的辛口(?)感想です




観劇したこの日は、21歳で亡くなった友人の命日でした。
そんな思いを胸に向かったのは、池袋のサンシャイン劇場
途中の動く歩道には友人たちとじゃれ合う中学生。
サンシャイン60はワタシが中学生の頃に出来たので
かつての自分たちを見るようで、また遠い目になってしまった

偶然とは思うのだけど、
舞台の内容も学生時代を振り返る内容だったのです。
それはたぶん、学生時代に旗揚げした役者陣の思いを
代弁しているのだろうけど…
朝からそういう気分だったので
観劇後もずっと…浸ってしまう一日なったのでした

いちお、あらすじを書くと…。

遠い未来、地球から遠く離れた惑星が舞台
その惑星には、
防衛のため派遣された地球軍を中心とした地球人と、
その惑星に元々住んでいた異星人が共存していた。

続出する地球軍人の自殺の原因を調べるため
地球から女性科学者が派遣される。
自殺未遂者からの聞き取り調査によって
地球人たちだけが見るというリアルな幻影が
自殺の原因ではないかと思われたが…。


表面だけのあらすじだと、
ちゃっちぃな感じになってしまうのだねぇ
でも、そういうちゃっちぃ感じは他にも。
異星人の顔が青いんだもの。いかにもだよねぇ~~笑うた
まるで宇宙戦艦ヤマトのデスラーだもの。
世代だよなぁと思うのです

たぶん、第三舞台のお決まりのパターン
あちらこちらにあったのだろうと思うのです。
正直、一緒に乗れなかったところ、ありましたな。
面白いのだけど、若干疎外感が…
それは、冒頭部分にあった
知らない人の葬儀に参列したひとの感覚に似ているような…。
もしや、あの場面は
第三舞台の解散に立ち会う、第三舞台初心者への
鴻上氏からのメッセージだったのかな???

それにしても、第三舞台の役者陣はとにかく曲者ですねぇ。
最近の…舞台で、映画で、TVで、見ている方々ばかりでした
そりゃあ、熱く面白く進化する舞台であったのだろうなぁ
と想像がつきます。
目撃者たちは封印解除を心待ちしていたのでしょうねぇ。
観客席の雰囲気が違ったもの

学生時代から旗揚げした劇団の脚本には
社会風刺や怒り(?)が含まれている気がするのですが、
今回の【 深呼吸する惑星 】に含まれていたのは、
普天間問題と原発問題だったように思います。

その中で沁みたセリフです。

「未来がわからないのは 不安ではなく希望である」

わからないこと。
それは不安なんじゃない 希望なんだ

深呼吸する惑星。
今の日本はどうでしょうか…気持ちよく深呼吸出来るでしょうか。
そんなところもチクリですな。


重要なキーワードとして
「亡くなった人が生前書き残したブログ」が出てきます
こうして綴っている自分のブログはいつまで残るのでしょうかねぇ。
ワタシが死んだ
懐かしんで読んでくれる縁のある方、
たまたま辿り着いて読んで下さった方は
この文章を読んでどう思うのでしょうか。

ブロガーのひとりとして、
ぼんやりとそんな事も思うのでした


いろんな感情が交差して
いつも以上に、まとまらない感想になってしまいました
そして、頭の中では斉藤和義の【ずっと好きだった】
ずっと鳴っていますわぁ。



<作・演出>
鴻上尚史


<出演>
筧  利夫  長野里美  小須田康人  山下裕子  筒井真理子

 / 高橋一生 / 大高洋夫

荻野貴継  小沢道成  三上陽永


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/01/08(日) 20:40:13
  2. 舞台