FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 平成二十四年 初春歌舞伎公演 @国立劇場 】


2012.01.26国立劇場 新春のご挨拶

先月は寒さでヨガもサボリがちでした
コレではいかんと、昨日は初めて受講する肩凝り改善のヨガ
今日は結構ハードな骨盤調整のヨガ
と頑張ったのだけど、筋肉痛で身体が痛いわぁ
こんな時は、やっぱりぃぃぃ
幸四郎丈が宣伝していたバン○リンかしらぁ
なんて、思いながら、高麗屋3代が揃ってご出演の
舞台の感想を書かせていただきますわ


幕末から明治前期にかけて活躍した歌舞伎作者
《河竹黙阿弥(かわたけもくあみ)》は、
幅広いジャンルで数多くの名作を生み、
約三百六十篇を残しました。
その作品群は歌舞伎の作劇法の集大成とも言われ、
坪内逍遙(つぼうちしょうよう)は彼を
〝江戸演劇の大問屋〟と賞賛しました。
二〇一二年の初芝居では、開場四十五周年記念企画
「歌舞伎を彩る作者たち」第四弾として、
黙阿弥の世界を通じて
歌舞伎の醍醐味をご堪能いただきます。


【 通し狂言三人吉三巴白浪 】

安政七(一八六〇)年の江戸・市村座の初芝居で初演、
黙阿弥が得意とした白浪物(しらなみもの)
(盗賊の活躍を描いた物語)の代表作の一つ。
和尚吉三(おしょうきちさ)
・お嬢吉三(じょうきちさ)
・お坊吉三(ぼうきちさ)
―同じ吉三と名乗る三人の盗賊は、
お嬢が盗んだ百両の金が縁で
義兄弟の契りを交わします。

これが悲劇の始まりで、
和尚の父土左衛門伝吉や妹おとせ、
おとせと契りを結んだ手代十三郎を巻き込み、
登場人物の数奇な運命が展開します。

百両の金と庚申丸(こうしんまる)という名刀が
人の手から手へ渡ると共に、
新たな事件を引き起こします。
三人の吉三が初めて出会う
「大川端」は歌舞伎屈指の名場面で、
「月も朧(おぼろ)に白魚の…」を始めとする
名ぜりふの流麗な響きと舞台面の
美しい色彩が観る者の心を魅了します。
社会の底辺に生きる人々の生活をリアルに描写した
「伝吉内」から物語の核心に入り、
お坊が伝吉を殺害する「お竹蔵」を経て、
全ての因果が明らかとなる「吉祥院」で
事態の収束を図る和尚の苦悩が綴られ、
両花道を使った「火の見櫓」の
雪の中の立廻りと続きます。

緻密なドラマ作り、
様式美や巧みな風俗描写など
歌舞伎の多様な要素が見事に融合した傑作を、
約十年ぶりの幸四郎の和尚を始め、
福助のお嬢、染五郎のお坊ほか
好配役でお楽しみ下さい。


【 奴凧廓春風 】

明治二十六(一八九三)年
東京・歌舞伎座の初芝居で初演され、
同年に没した黙阿弥の絶筆となりました。
正月の風物でもある凧の一種「奴凧」を
『曽我物語(そがものがたり)』の世界と結び付け、
粋で洒脱な趣向で見せる三段返しの華やかな舞踊です。
今回は、内容に大幅なアレンジを加えますが、
明治四十年以来百五年ぶりに全段を上演します。
染五郎が、廓通いの曽我十郎(そがのじゅうろう)・
空に舞い上がる奴凧・
暴れ廻る猪を退治する猟人富士の仁太郎(ふじのにたろう)
の三役を勤めるほか、振付も担当します。
また、幸四郎が廓の亭主朝蔵(あさぞう)、
福助が大磯の虎(おおいそとら)で花を添え、
当劇場の歌舞伎公演初出演の
金太郎も賑やかに舞台を彩ります。
ご期待下さい。
風で空に舞い上がる奴凧を踊りで
表現するのが本曲の眼目ですが、
廓に通う曽我十郎(そがのじゅうろう)、
恋人の大磯の虎(おおいそとら)など
お馴染みの人物が登場したり、
『曽我物語』に描かれる逸話の
パロディーを取り入れるなど、
いかにも正月らしい賑やかな作品です。
今回は、奴凧を勤める染五郎が
全段の振付を新たに考案し、
一座総出演となる舞台に大きな期待が寄せられます。

HPより抜粋

三人吉三


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


ネタバレあり…の私的、辛口(?)感想です




三人吉三巴白浪

月も朧(おぼろ)に 白魚の
篝(かがり)も霞(かす)む 春の空
冷てえ風に ほろ酔いの
心持ちよく うかうかと
浮かれ烏(からす)の ただ一羽
ねぐらへ帰る 川端で
竿(さお)の雫(しずく)か 濡れ手で粟(あわ)
思いがけなく 手に入る(いる)百両

(舞台上手より呼び声)
御厄払いましょう、厄落とし!

ほんに今夜は 節分か
西の海より 川の中
落ちた夜鷹は 厄落とし
豆だくさんに 一文の
銭と違って 金包み
こいつぁ春から 縁起がいいわえ

この「厄払い」と呼ばれるお嬢吉三の独白は、
歌舞伎の名セリフで有名だから、
どこかを聞いたことがありますよねぇ?

今回の三人吉三は、この名セリフを言う
女装の盗賊、お嬢吉三が特に良かったわぁ
福助さんバッチリあってる思うわ。
女装した男だと
ハッキリ分かったし

艶っぽい染五郎丈のお坊とのBL
(とワタシは疑っている)の時だけ、
ちょっと女の子な雰囲気なのも、また良し
シャキッとした幸四郎丈の和尚も
正直、思ったより良かったわぁ。
なんとなく、江戸弁のお役は菊五郎丈のイメージで
幸四郎丈のイメージはなかったのよねぇ
真ん中に居る時の存在感というか、
安定感が半端ない
さすがでございますなぁ

『親の因果が子に報い、あの世へ行けば畜生道』
双子だと知らずに愛し合ってしまった妹弟
おとせ&十三郎を殺そうとする場面で和尚吉三がいう
このセリフも時代劇の見世物小屋なんかで
言ってますよねぇ
切られて逃げ惑うふたりの襦袢の汚れがブチになっていて
犬みたいだなぁと思っていたけど
末期の水を飲むときに、四つんばいになって
小皿に口を直接近づける飲み方が犬っぽい動きで、
因果を感じたわぁ
今まで何回か見ているハズの三人吉三。
記憶がないんだけど、見落としていたのだなぁ
何度見ても新しい発見があるものよねぇ。

ひとつだけあえて希望を言えば
おとせ&十三郎のふたりを芝のぶ丈&高麗蔵丈で
やってもらいたかったわぁ
美しいカップルだと、より儚い感じがするのだもの

染五郎丈が振付したという『奴凧郭春風』
とにかく体力勝負の三部構成の舞踊劇でごさいました。

最初は、花魁姿で踊る福助丈を拝見して、
大変だなぁと思っていたけれど、
その後の踊り、奴凧の染五郎丈が
またとんでもなく大変そうだったぁ
あれでは、福助丈もやらざるを得ない???
幸四郎丈+金太郎くんを加えて、
祖父・父・子の3人揃って踊って、お客さんを喜ばせて
その後、ひとり残って宙乗り
宙に浮いたままでも踊って、降りて再び踊って
最後に再び宙乗りで回転しながら、奈落に落ちていく
…ってスゴ過ぎるでしょ?
自分が踊るんじゃなかったらつけられない振付
…のような気がしましたわぁ
廓の仲之町を覗こうと頑張るあたりも可笑しかった
その後は、猪を退治する猟人富士の仁太郎の舞踊劇。
曽我物語にある、新田四郎忠常が大猪を退治した
という逸話をベースにしているわけですね

最初の廓では曽我十郎と大磯の虎が登場し、
犬も食わないような痴話喧嘩をして、
初荷の猪をいただきましょうなんて話で終わる。
その頃、廓の主人と孫は奴凧を揚げに行き、
遠くまで飛んでいった凧の糸を切ったの大猪。
その猪は仁太郎に撃たれて、初荷になる…って展開ですね
富士の裾野まで飛ぶ?とかいう距離感は
関係ありません。だって、ベースが曽我物語だも~~ん

この暴れ廻る大猪がハンパなくデッカい
お軽・勘平の猪ではなくて、
ふたりで操ってますから馬なみですわ
その猪を相手に立ち回りありの舞踊ですもの
三役三様の大活躍の染五郎丈
無事に楽日を終えていただいたようで、
良かった良かった
今月の大阪松竹座でも、新しい試みをしているみたい。
ますます意欲的な、染五郎丈の今後に期待


正月に初代市川團十郎が『寿曽我対面』を初演して、
ここで演じた曽我五郎が大当りしたので、
その後、正月興行には欠かせない出し物となったとか…
この辺は諸説ありそうですね
確かに、1月は『曽我物』たくさん拝見しましたなぁ。

平成中村座の【寿曽我対面】
新橋演舞場の【矢の根】
そして、この国立劇場の【奴凧廓春風】

去年の終わりには【外郎売】も拝見したから、
あとは、【助六由縁江戸桜】を拝見したら
ロイヤルストレートフラッシュだな
前に助六を拝見したのは、さよなら歌舞伎座だった気が
あの頃は勘三郎丈もお元気だったわねぇ(遠い目


それにしても、毎回ながら、
祖父・幸四郎丈の金太郎くんを見る目が優しいわぁ
息子・染五郎丈は役者のライバルだけど
孫は違うんだろうね
でも、ホント金太郎くん可愛いのよねぇ
自分の孫じゃなくても、目優しくなっちゃうわぁ
見る度にぐんぐん大きくなってる気がするけど、
福くん&愛菜ちゃんと同じ小学1年生だそうな
こちらの今度も楽しみねぇ
そして、高麗屋は3人揃っての襲名がまたあるのかしらん。

奴凧が良かったので、売店で買ってしまった
土鈴の奴凧です。来年のお正月に飾ろうと思ったけど
節分まで、飾っちゃおう


2012.01.26奴凧土鈴


国立劇場開場45周年記念

河竹黙阿弥=作
通し狂言 三人吉三巴白浪 (さんにんきちさともえのしらなみ)  四幕七場
               釘町久磨次=装置


       序  幕         大川端庚申塚の場
       二幕目  第一場  割下水土左衛門伝吉内の場
              第二場  本所お竹蔵の場
       三幕目  第一場  巣鴨在吉祥院本堂の場
              第二場  同 裏手墓地の場
              第三場  同 元の本堂の場
       大  詰         本郷火の見櫓の場
                    浄瑠璃『初櫓噂高嶋』 清元連中・竹本連中


河竹黙阿弥=作
鈴木英一・国立劇場文芸課=補綴

奴凧廓春風 (やっこだこさとのはるかぜ)  竹本連中・常磐津連中・長唄連中
       松本錦升=振付
       国立劇場美術係=美術


(出演)
 松 本 幸 四 郎

 中 村 福  助

 市 川 高 麗 蔵

 大 谷 廣 太 郎

 大 谷 廣  松

 松 本 金 太 郎

市 川 寿 猿

 中 村 歌  江

 松 本 錦  吾

 市 川 染 五 郎

 大 谷 友右衛門
          ほか




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/01(水) 22:14:18
  2. 舞台