FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 サド侯爵夫人 】


サド侯爵夫人

詩情あふれる美文が精密を極めた
三島由紀夫戯曲の最高峰『サド侯爵夫人』。
1965年の初演では、その衝撃的な内容から“事件”となりました。
以来、国内のみならず海外でも高い支持を受け、
上演されるごとに話題を呼んでいます。

比類なき優雅な言葉で飾り立てながらも烈しく交錯し、
衝突する女性6人には存在感が際立つ女優が揃いました。
ルネ役に蒼井優、アンヌ役に美波、
シミアーヌ男爵夫人役に神野三鈴、シャルロット役に町田マリー、
そしてサン・フォン伯爵夫人役に麻実れい、
モントルイユ夫人役に白石加代子を迎えます。

演出は、かねてより三島由紀夫の秀麗な文体に魅せられ、
注目を続けていた野村萬斎。
600年の歴史を持つ能・狂言の体現者・伝承者として、
日本語の響きの美しさを知る彼が
“言葉による緊縛”に主眼を置いた演出に挑みます。

HPより抜粋




ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


ネタバレあり…の私的感想です





●あらすじ
18世紀末、絶対王政が爛熟を極め、頽廃の色濃い都パリ。
数々の乱行からの逮捕・脱獄騒動を起こし、
残酷かつ淫蕩なスキャンダルがつきまとう
“悪徳の怪物”サド侯爵に貞節を貫くサド侯爵夫人・ルネ。

世間体を重んじ、計略をめぐらせてサドとの離別を迫る
母・モントルイユとルネは苛烈な対立を続ける。
フランス革命勃発後、
夫がついに獄から解放されたのを知るや
不可解な決断をくだしたルネの心情に宿る真実とは…


【サド侯爵夫人】は2回目か、3回目か…
観る度になんとなく思っていたことがあったんだけど、
今回の舞台で言葉になった気がするわぁ

舞台を囲むのは石のような壁。
まるで牢獄のような閉塞感がありましたわ
ここで、セリフ劇を繰り広げる6人の女性たち。
実は投獄されているサド侯爵よりも
この舞台に登場するこの6人の女性たちの方が
よっぽど呪縛を受けているんじゃないかしらねぇ
爛熟した絶対王政では、世間の目を気にして
自らが思うようには発言も行動もできない
目配せや隠語を用いて、醜聞はハッキリとは語らないくせに、
何よりの感心ごとは他人様の悪い噂話だったりするんだろうなぁ
その時代に異常な性行動という形で発散(?)していたサド侯爵を
6人の女性たちは、どこかで憧れ、それゆえに蔑み、
中には自らを聖人に見せるために、真実に目を背け
幻影を見ようとしている女性もいたわねぇ

聖女のような衣装に身を包んだサド侯爵夫人・ルネは
声も雰囲気も透明感があって、聖女そのもの
貞節を頑なに守り、夫の為にはなんでもする…といった感じ。
サド侯爵に振り回されているかのように見えていたルネが
実は夫の異常なところにこそ惹かれていて、
永い投獄生活の中で牙を抜かれたようになった夫をバッサリ切り捨てた
観ている方は聖女に見えていた彼女の内面を知って
驚かされ…裏切られた気分になるわけだよねぇ

女優陣の方々、6人それぞれに良かったのだけど
特に、白石加代子さんと麻実れいさんのおふたりが素晴らしかった
ザ・妖艶という感じの麻実れいさん。
ザ・伝統という感じの白石加代子さん。
圧倒的な存在感、声、おふたりの魅力にグイグイひっぱられます。
ふたりの間に漂う空気感もいろいろ変わっていって、
張り詰めたり、むりやりに緩ませようとしていたり、淀んだり
と、さすが!!!の一言でございます
6人ともそうでいたけど、衣装も斬新で、
特にこのおふたりの衣装は内面を表現しているようでした

そして、蒼井優ちゃんが頑張ってました
あんなに細いのに、おふたりの大女優に負けない存在感。
舞台栄えしていましたし、オーラがありました
あれだけの長セリフを心地良いリズムでこなしていましたし、
今後、間違いなく伸びる女優さんだと思いますわ

幕間にロビーでサンドイッチを食べていましたら
隣に外国人の女性が座り、オニギリを召し上がっていました。
『あら?逆じゃない?』と思ってしまった
その時はそうとしか思わなかったけど、
歌舞伎のようにイヤホンガイドなどないセリフ劇を
ご覧になっているのだから、相当日本語が堪能な方なのかしら?
それとも翻訳された原作本をご存知の方なんでしょうかねぇ。。
さすが世界の三島由紀夫

先日拝見した【金閣寺】もそうだけど、
晩年の三島由紀夫は閉塞感を感じていたのかしらね
絶対的なものに対する、強い何かをかんじますな。
それこそが、あの最期に続いているのかしら???などとぼんやり思ってみる。


『サド侯爵夫人』
【スタッフ】作=三島由紀夫 演出=野村萬斎
【キャスト】蒼井優/美波/神野三鈴/町田マリー/麻実れい/白石加代子


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/04/06(金) 20:07:07
  2. 舞台