FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 23年3月大歌舞伎・夜の部@新橋演舞場】


三月大歌舞伎

江戸絵両国八景
一、荒川の佐吉(あらかわのさきち)

腕のいい大工からやくざの世界に憧れて身を転じた佐吉は、
親分の鍾馗の仁兵衛のもとで三下奴の身。
その仁兵衛は、浪人成川郷右衛門に斬られて
縄張りを奪われてしまいます。
その後、本所清水町の裏長屋で落ちぶれた生活をする仁兵衛は、
姉娘のお新が産んだ盲目の卯之吉を佐吉に託したまま、
いかさま賭博をして殺されてしまいます。
残された佐吉は、
友達の大工辰五郎の助けを借りて献身的に卯之吉を育てますが、
ある日、相模屋政五郎がお新を連れてやってきて、
鍾馗の二代目を継ぐこと、
更に卯之吉をお新に返してやって欲しいと頼みます...。


 侠客の世界をのし上がった男の潔い生きざまを描いた
 真山青果の名作をお楽しみ下さい。



二、仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)
  九段目 山科閑居

雪が降りしきる山科の大星由良之助宅。
加古川本蔵の妻の戸無瀬が、前妻の娘小浪を、
許嫁である由良之助の息子の力弥に嫁がせるために訪ねて来ます。
しかし由良之助の妻お石は、
今は浪人であることを理由に輿入れを拒否します。
絶望した母娘は自害しようとしますが、
そこへ現われたのは虚無僧に姿を変えた加古川本蔵。
本蔵は塩冶判官が高師直を討とうとするのを自分が抱き止め、
本望を遂げさせなかったことを深く後悔し、
わざと力弥の手にかかり果てます。
由良之助は、わが身を捨てて
娘の婚礼を懇願する本蔵の心根に感じ入り、
仇討ちの志を明かします。
本蔵から聟引出として師直邸の絵図面を贈られた由良之助は、
本蔵の虚無僧姿を借り仇討ちに出立するのでした。

 幾度となく上演を重ね、
 人々に愛され続けてきた名作『仮名手本忠臣蔵』より、
 忠義のために犠牲になる親子、
 夫婦の情愛を描いた重厚な忠臣蔵屈指の名場面をご堪能いただきます。

HPより抜粋


近所の桜並木が満開になりました。
今年は愉しめる期間が短そうですね
今日は実父の命日で、明日は祖母の命日だなぁ
と桜を見ながら思い出しました。

2012さくら満開

ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


私的辛口(?)感想です…


荒川の佐吉。
とにかく、『カッケ~~』(格好良い)
と言いたくなるようなお役でございます
以前は仁左右衛門さまで拝見したようです。
(友人が筋書きに載っている
  過去の上演一覧表で調べてくれました)
染五郎丈の佐吉は弱腰のところや心優しいところが、
強調されているように感じましたわ
そのくせ妙に悟っている。
『自分は奴が似合っている』という佐吉、
ラストにも納得できましたわ

この頃、復活歌舞伎などにも意欲的で、
頑張り過ぎなんじゃないかしらん
ついつい身体の心配してしまう染五郎丈でございます。
でもまぁ、夜の部には金太郎くんも出演しているんだものね。
張り切るのも仕方がないかなぁ

来月の花形歌舞伎は『仮名手本忠臣蔵』の通し狂言。
その舞台ではなんと由良之助が染五郎丈
判官が菊之助、師直が松緑…となんとも若々しい布陣。
こちらも、もうすぐ、拝見しに参ります

来月に先駆けて今月は山科閑居。
染五郎はいつも通り(?)の力弥でございます。
籐十郎丈の戸無瀬、菊五郎丈の由良之助、
幸四郎丈の加古川本蔵、時蔵丈のお石、福助丈の小浪。
素晴らしい布陣です。心に染みる一幕でございます
女形さんが三者三様に美しかった
好きな演目ながら、途中ど~~~しても眠気におそわれます
朝一番なら、もう少しクリアに見られるのだけど
…出演者の顔ぶれを見たら仕方がない…とこれも納得

それにしても12月に平成中村座で【 松浦の太鼓 】を観ておけば
ロイヤルストレートフレッシュになったなぁ…
br/>
一、荒川の佐吉(あらかわのさきち)
  序 幕 江戸両国橋付近出茶屋岡もとの前の場より
  大 詰 長命寺前の堤の場まで

                 荒川の佐吉  染五郎
                丸総女房お新  福 助
                隅田の清五郎  高麗蔵
                 大工辰五郎  亀 鶴
                 極楽徳兵衛  宗之助
                   お八重  梅 枝
                鍾馗の仁兵衛  錦 吾
                成川郷右衛門  梅 玉
                相模屋政五郎  幸四郎


二、仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)
  九段目 山科閑居
                   戸無瀬  藤十郎
                大星由良之助  菊五郎
                    小浪  福 助
                  大星力弥  染五郎
                    お石  時 蔵
                 加古川本蔵  幸四郎






関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/04/07(土) 21:40:03
  2. 舞台